映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ねことじいちゃん」立川志の輔と柴咲コウが猫を語り尽くす初日舞台挨拶

643

「ねことじいちゃん」初日舞台挨拶の様子。左から小林薫とまろにー、立川志の輔とベーコン、柴咲コウとゆず。

「ねことじいちゃん」初日舞台挨拶の様子。左から小林薫とまろにー、立川志の輔とベーコン、柴咲コウとゆず。

ねことじいちゃん」の初日舞台挨拶が、本日2月22日に東京・新宿バルト9にて開催され、キャストの立川志の輔柴咲コウ小林薫柄本佑銀粉蝶山中崇葉山奨之、監督の岩合光昭が登壇した。

とある小さな島で暮らす70歳の元教師・大吉と彼の飼い猫タマの暮らしを描く本作。大吉を演じて映画初主演を飾った志の輔は「なんの自信もなく、映画のこともわからずお引き受けして、1カ月もの間撮影を続けられたのは、ここにいらっしゃる俳優の皆さまのおかげ。振り返ると本当に楽しい1カ月を送らせていただいた落語家の私です」と挨拶した。

本日が猫の日であることから、登壇者は猫にまつわるエピソードを披露していく。柄本は、現場で岩合が猫ばかり見ていたと語り「監督の中では、猫がOKならOK。『すみません! あそこの猫が動いちゃったんでもう一回お願いしてもいいですか?』とかこちらにはほとんど触れられなかったです(笑)。でもそこに岩合さんの演出があるのかなと思って、見ていてほほえましかったです」と振り返った。山中は、支度に使用した現場の建物に触れ「1階が着替えをするところで、2階は30から40匹の猫が待機するところ、3階がメイク部屋でした。猫の部屋はいつもスタッフさんが掃除されていたんですが、撮休の日には柴咲さんが一緒にお掃除してらして、本当に猫が好きなんだなと思いました」と述べた。

小林は、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で共演した猫、“にゃんけい”ことまろにーと再会したと話し「人間でも再会できる役者さんがなかなかいないのに『直虎』から半年ぶりに会って、なかなか感動的でした」と感慨をにじませる。自宅で猫を飼っている柴咲は「保護猫ちゃんなんですが本当に賢くて、目が合うと飛び乗ってくれるんです。でも最近はお鍋やお皿を持っていても飛び乗ってくるので、なるべく目を合わせないようにしています(笑)。苦労でもあり幸せでもありますね」とほほえんだ。

志の輔は「本当に監督は猫のことばっかり。私と(タマ役の)ベーコンとのシーンでは、カットをかけるとベーコンに寄ってきて『タマ、お前はなんて素晴らしい! 本当によくやったよ!』ってワンカットごとに抱きしめるんですよ。私は一度も抱かれませんでしたが」とがっかりして見せ、観客を笑わせる。続けて撮影のテストでは、猫に代わりぬいぐるみを使用したことを紹介し「タマと一緒に学校の前を散歩するシーンのテストでは、私がぬいぐるみを引きずりながら歩きました。島の方々は何度も何度もぬいぐるみを引きながら歩く私を、なんだと思っていたんでしょうか」と語って笑いを重ね、「本番でベーコンは1発で私についてくるスーパーキャットでした」と太鼓判を押す。マスコミ向けのフォトセッションでは、ベーコンをはじめとする猫キャストも登場し、志の輔らに抱かれながら写真撮影に応じていた。

(c)2018「ねことじいちゃん」製作委員会

映画ナタリーをフォロー