映画 えんとつ町のプペル

映画 えんとつ町のプペル

エイガエントツマチノプペル

2020年12月25日(金)公開 / 上映時間:100分 / 製作:2020年(日本) / 配給:東宝=吉本興業

(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

解説 西野亮廣が手掛けた人気絵本を基にしたファンタジックなアニメーション映画。煙突だらけで、黒い煙におおわれた“えんとつ町”を舞台に、少年とゴミ人間プペルの物語が展開していく。製作総指揮、原作、脚本を西野亮廣が、監督を廣田裕介が務めた。アニメーション製作を担当したのは、数々のハイクオリティ作品を生み出しているSTUDIO4℃。

ストーリー 煙突だらけの“えんとつ町”では、街中のそこかしこから煙が上がっていて、空は黒い煙に満ちている。 親を亡くした少年ルビッチをはじめ、住民たちは青い空も、輝く星も知らなかった。ハロウィンの夜、そんなルビッチのもとにゴミ人間のプペルが姿を現した。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全27件)