映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

中国旧正月の興行収入、1日あたり約232億円で歴代最高を記録

117

中国の春節初日にあたる2月5日、中国国内の1日の興行収入が歴代最高の14.31億元(約232億円)を記録した。

この興行収入は2018年元旦の12.77億元を上回る結果に。なお日本国内における2018年の年間興行収入は2225億1100万円であり、中国では1日にしてこの10%に到達したこととなる。

2月5日に封切られた作品のうち、1位のニン・ハオ監督作「瘋狂的外星人(原題)」は4.04億元(約65.7億円)を上げた。同作は動物園の飼育員が偶然救った宇宙人を故郷に帰そうと奮闘するコメディで、2018年のヒット作「ニセ薬じゃない!」のプロデューサーでもあるニン・ハオの「Crazy」シリーズ第3弾だ。

続く2位には作家、ラリーレーサー、映画監督などの顔を持つ韓寒が手がけたコメディ「飛馳人生(原題)」が3.16億元(約51.4億円)でランクイン。チャウ・シンチーが手がけた「喜劇王」の新作「新喜劇之王(原題)」は2.69億元(約43.7億円)を記録し3位となった。4位はSF大作「流浪地球(原題)」、6位はジャッキー・チェンが出演したファンタジーアクション「神探蒲松齢(原題)」となっている。

2月5日に中国で封切られた作品の興行成績は以下の通り。

中国における2019年2月5日公開作の興行収入ランキング

1.「瘋狂的外星人」(Crazy Alien)4.04億元(約65.7億円)
2.「飛馳人生」(Pegasus)3.16億元(約51.4億円)
3.「新喜劇之王」(The New King of Comedy)2.69億元(約43.7億円)
4.「流浪地球」(The Wandering Earth)1.87億元(約30.4億円)
5.「熊出没:原子時代」(Boonie Bears: Blast into the Past)7200万元(約11.7億円)
6.「神探蒲松齢」(The Knight of Shadows: Between Yin and Yang)6500万元(約10.6億円)
7.「小猪佩奇過大年」(Peppa Celebrates Chinese New Year)5800万元(約9.4億円)
8.「廉政風雲」(Integrity)5500万元(約8.9億円)

※すべて原題。カッコ内は英題。

(情報・写真提供:新浪)

映画ナタリーをフォロー