映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ノルシュテイン「外套」制作に迫る記録映画が公開、予告に「心配しないで」と語る姿

269

「ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる」

「ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる」

ロシアのアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインのドキュメンタリー「ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる」が、3月下旬より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次封切られる。予告編がYouTubeで公開された。

「話の話」「霧の中のハリネズミ」などを生み出し、手塚治虫、宮崎駿、高畑勲らにも大きな影響を与えたノルシュテイン。彼は30年以上の歳月をかけて、ロシアの作家ニコライ・ゴーゴリの小説「外套」をもとにアニメーション制作を続けている。しかしいまだ完成に至らず、近年は制作が止まっているという。

2016年6月、カメラはモスクワにあるノルシュテインのスタジオ“アルテ”へ。そこにはおびただしい数のスケッチ、キャラクターパーツ、ほこりをかぶった撮影台があった。ドキュメンタリーでは、未完の映像を織り交ぜながらノルシュテインの心の内に迫る。また予告編の終盤では、ノルシュテインが「絶対に新しい『外套』を作ります。心配しないでください、絶対です」と口にする様子が確認できる。ノルシュテインと交流を持つ「セシウムと少女」の才谷遼が監督を務め、「おくりびと」の川島章正が編集、加藤雄大が撮影を担当した。

なお本作の公開にあわせて「ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映~アニメーションの神様、その美しき世界~」の再上映も決定している。

(c)ふゅーじょんぷろだくと

映画ナタリーをフォロー