映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

高良健吾が胸元あらわに刀をにらむ、中島貞夫の新作「多十郎殉愛記」ポスター

336

高良健吾が主演を務め、中島貞夫が20年ぶりに劇映画のメガホンを取った時代劇「多十郎殉愛記」のポスタービジュアルが到着した。

本作では「殺陣の魅力を存分に見てもらうこと」というコンセプトのもと、根なし草のように生きながらも、ひとたび剣を持てばすさまじい強さを発揮する清川多十郎の姿が描かれる。親の残した借金から逃げるように京の都へ上洛してきた長州脱藩浪人・多十郎に高良が扮した。

解禁となったポスターは、襦袢を羽織り胸元をあらわにした多十郎が、鋭い視線で刀をにらみつけるさまを捉えたもの。多十郎の世話を焼く小料理屋女将・おとよ役の多部未華子、大志を抱いて京へ上ってきた多十郎の弟・数馬役の木村了、多十郎の前に立ちふさがる抜刀隊隊長・蔵人役の寺島進の姿も確認できる。

「多十郎殉愛記」は4月12日より全国で公開。

(c)『多十郎殉愛記』製作委員会

映画ナタリーをフォロー