「アリータ」ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ロバート・ロドリゲスら来日

123

アリータ:バトル・エンジェル」のキャスト、監督が来日することが決定した。

ローサ・サラザール演じるアリータ(上段)、クリストフ・ヴァルツ演じるイド(下段)。

ローサ・サラザール演じるアリータ(上段)、クリストフ・ヴァルツ演じるイド(下段)。

大きなサイズで見る(全7件)

本作は、木城ゆきとによるマンガ「銃夢」を原作に、ジェームズ・キャメロンが脚本と製作を担当したSFアクション。スクラップの中からサイバードクターのイドによって助けられたサイボーグの少女アリータが、自らの出生の秘密を知ろうとするさまが描かれる。

このたび来日するのは、主人公のアリータをパフォーマンスキャプチャーで演じたローサ・サラザール、アリータの父親代わりとなるイドに扮したクリストフ・ヴァルツ、キャメロンからメガホンを託された監督のロバート・ロドリゲス、プロデューサーのジョン・ランドーの4名。サラザールとヴァルツの来日は、作品のPRとしては初となる。

日本語吹替版では上白石萌音がアリータに声を当てた「アリータ:バトル・エンジェル」は、2月22日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

ローサ・サラザールのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation (c)Yukito Kishiro/Kodansha