映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジェームズ・キャメロンが「アリータ」完成に感慨、原作者・木城ゆきとも大絶賛

33

左からジェームズ・キャメロン、ジェニファー・コネリー、キーアン・ジョンソン、ジョン・ランドー、木城ゆきと、ローサ・サラザール、ロバート・ロドリゲス、クリストフ・ヴァルツ。

左からジェームズ・キャメロン、ジェニファー・コネリー、キーアン・ジョンソン、ジョン・ランドー、木城ゆきと、ローサ・サラザール、ロバート・ロドリゲス、クリストフ・ヴァルツ。

アリータ:バトル・エンジェル」のワールドプレミアが、イギリス現地時間1月31日にロンドンのオデオン・ルックス・レスター・スクエアで開催。主演のローサ・サラザール、脚本・製作を担当したジェームズ・キャメロン、監督を務めたロバート・ロドリゲス、原作者の木城ゆきとらが登壇した。

木城のマンガ「銃夢」を原作に、スクラップの中から拾われたサイボーグの少女アリータの戦いを描いた本作。華やかなブルーカーペットが敷かれた会場には、気温1度の寒さの中、約1000人のファンと世界各国の報道陣が集まった。日本から駆け付けた木城は映画の感想を「マンガの核心部分が、見事に継承されていたと思いました。見かけだけではなく、キャラクターの心の動きや存在理由といったものも含めて、ちゃんと映画にも反映されていたので非常にうれしかったです」とコメント。さらに日本のファンに向けて「素晴らしい映画になっているので、ぜひいい映画館で観てください。よろしくお願いします」とメッセージを送った。

キャメロンも「今日は、私の長い旅の終わりでもあり、また始まりでもあります」と感慨深げ。「木城さんと一緒に立つことができて光栄です。彼が『気に入った』と言ってくれたので安心しました。彼が満足であれば、私も満足です」と胸をなでおろす様子も。そして「最初に原作を読んだとき、主人公をとても好きになりました。私も娘を持つ父親ですが、彼女たちが感情移入できる、傷付きやすくても、強くて、知的で、温かな心を持ったキャラクターを描くことがゴールでした」と製作を振り返った。

ロドリゲスも木城が映画を気に入ったことを喜びつつ、「日本に行くのがとても楽しみで待ちきれません。日本でも木城さんに会いたい。僕は今、アリータの絵を描く練習をしているんです」と2月中旬に控える来日への期待を語る。サラザールは「アリータはキャメロンにとって娘のような存在だから、彼の私を見る目が父親みたいなの。それがとても誇らしい。さっき彼が私の手を取って『よくやったな』って言ってくれた。このことは一生忘れない」と決意の表情を見せた。

プレミアにはそのほかサイバー医師イド役のクリストフ・ヴァルツ、アリータに好意を持つ青年ヒューゴ役のキーアン・ジョンソン、モーターボールの調整技師チレン役のジェニファー・コネリー、プロデューサーを務めたジョン・ランドー、主題歌を歌うデュア・リパも出席した。

「アリータ:バトル・エンジェル」は、2月22日より全国でロードショー。

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation (c)Yukito Kishiro/Kodansha

映画ナタリーをフォロー