映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

草なぎ剛ら出演「まく子」ポスター到着、原作者・西加奈子は「思わず涙」とコメント

1836

「まく子」新場面写真

「まく子」新場面写真

草なぎ剛が出演した「まく子」のポスタービジュアルと原作者・西加奈子のコメントが到着した。

「くじらのまち」「過ぐる日のやまねこ」の鶴岡慧子が監督を務めた本作は、小さな温泉街を舞台に展開する物語。旅館の息子で小学5年生の主人公・慧(さとし)が不思議な魅力を持つ転入生・コズエとの出会いをきっかけに大人へと近付いていく様子や、思春期の葛藤、親と子の確執が描かれる。「真夏の方程式」の山崎光が慧、「Blue Wind Blows」の新音がコズエを演じ、慧の父親・光一役で草なぎ、母親・明美役で須藤理彩が出演する。

西は「明日へ、そして次の世代へと繋がっていく“再生”の象徴としての『撒く』という行為が、映画の中で、はっとするくらいみずみずしく、鮮やかに描かれていて、思わず涙しました」と語っている。

高橋優が主題歌「若気の至り」を書き下ろした「まく子」は、3月15日より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。

※山崎光の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

(c)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

映画ナタリーをフォロー