映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

竹内涼真が浜辺美波の変顔に「やばい」、「センセイ君主」コメンタリー収録レポ

1120

左から竹内涼真、浜辺美波。

左から竹内涼真、浜辺美波。

竹内涼真浜辺美波が共演した「センセイ君主」のBlu-ray / DVDが、2019年1月30日に発売される。このたび豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録レポートが到着した。

本作は、幸田もも子の同名マンガを月川翔が映画化したラブコメディ。ひねくれ者の高校教師・弘光由貴を竹内、彼に恋した少しおバカな女子高生・佐丸あゆはを浜辺が演じたほか、佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)、川栄李奈、矢本悠馬らがキャストに名を連ねた。

このビジュアルコメンタリーは、劇場公開時に竹内がパーソナリティを務めた公式Webラジオ「教えて弘光先生!」の“放課後補習編”として収録されたものだ。本編が始まると、浜辺が披露する変顔や変な動きに竹内が「やばい」「すごい」「これほんと笑った」と1つずつコメント。「この顔が一番ひどいんじゃない」と指摘する竹内に、浜辺が「もう般若ですね」とうなずく場面もあった。

そのほか、弘光の家として撮影された場所は、竹内がCMキャラクターを務める「薬用ビューネ」のテレビCMの撮影場所と同じだったことや、そのシーンの撮影当時、実は浜辺が体調を崩していたことなど互いに知らない裏話も飛び出す。また、高校生活について話が及んだ際には、来年高校を卒業する浜辺に竹内が「高校生活も楽しいけれど、二十歳超えてからもっと楽しくなるよ」とアドバイス。浜辺は「そう言ってくれる人、少ないですよ。『今しかない』『今が一番楽しい時期』って言われます。(そう言ってもらえて)うれしい」と答えた。

収録を終えて竹内は「新しい楽しみがたくさん広がっていったのが新鮮だった。(ビジュアルコメンタリーでは)時間が足りないくらいしゃべっちゃった。改めて観るとすごく幸せな気持ちになりました」と感想を語る。続いて浜辺は「私も本当に楽しかった。観ていて盛り上がるシーンも多いし、この映画はみんなでわいわい話しながら観てもらっても面白く感じられる映画だと思います」と述べた。最後に、竹内と浜辺は「売り切れになると思いますので、予約はお早めに(笑)」「皆さん、1本でいいんですか? 2本、3本、豪華版(の購入)お待ちしております!」と豪華版をPRした。

豪華版の特典ディスクには、ビジュアルコメンタリーのほか、メイキング映像、イベント映像集、公開記念特番を収録。またブックレットも付属する。

(c)2018 「センセイ君主」製作委員会 (c)幸田もも子/集英社

映画ナタリーをフォロー