映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田准一「来る」×ひらかたパーク、最新コラボは「盛る」がテーマに

5558

左から「来る」ビジュアル、ひらかたパークとのコラボビジュアル。

左から「来る」ビジュアル、ひらかたパークとのコラボビジュアル。

岡田准一が主演を務める「来る」と大阪・ひらかたパークのコラボ企画の詳細が発表された。

ひらかたパークは、岡田が“超ひらパー兄さん”兼園長としてイメージキャラクターを務める大阪・枚方市の遊園地。これまでも「エヴェレスト 神々の山嶺」「海賊とよばれた男」「散り椿」など岡田の主演作と同園のコラボが恒例として行われてきた。

今回は12月1日から2019年1月6日まで、「来る」公開記念展示を実施。同作の台本や、劇中で使用された衣装などが飾られる。さらに11月29日より、京阪電車の車内や駅などにコラボポスターを掲出。今年度のひらかたパーク来場者数を大幅に“盛る”という、「来る」ならぬ「盛る」をテーマとしたビジュアルに仕上がっている。

ひらかたパーク担当者は、コラボに関して「今回の映画のタイトルが『来る』ということで、来園者数を大いに『盛る』ことにしました。達成まであと10億数十万人……みなさまのご来園をお待ちしております。そして12月7日から公開する映画『来る』も、動員10億120万人めざしてともに頑張っていきましょう!」とコメントを寄せた。また明日11月18日には、同園と「来る」の公式Twitterアカウントがコラボ。何が起こるか注目しておこう。

澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、中島哲也が岩井秀人(ハイバイ)と共同で脚色し実写化したホラー「来る」。岡田のほか、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らがキャストに名を連ねる。12月7日より全国でロードショー。

(c)2018「来る」製作委員会

映画ナタリーをフォロー