映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

木村文乃×松田翔太、SPECサーガ完結篇「SICK'S」は恕・覇・厩の3部作に

984

「SPECサーガ完結篇『SICK'S 覇乃抄・厩乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」記者発表会の様子。左から竜雷太、木村文乃、松田翔太。

「SPECサーガ完結篇『SICK'S 覇乃抄・厩乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」記者発表会の様子。左から竜雷太、木村文乃、松田翔太。

ドラマ「SPECサーガ完結篇『SICK'S 覇乃抄・厩乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」の記者発表会が東京都内で行われ、キャストの木村文乃松田翔太竜雷太、監督の堤幸彦、プロデューサーの植田博樹が登壇した。

1999年のドラマ「ケイゾク」に端を発する「SPECサーガ」では、これまで「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」「SPECサーガ完結篇『SICK'S 恕乃抄』~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~」「SPECサーガ黎明篇『サトリの恋』」といった作品が生まれてきた。TBSテレビは「SICK'S 恕乃抄」に続く「覇乃抄」「厩乃抄」の制作を決定。「覇乃抄」はシリーズ20周年を迎える2019年の春に、動画配信サービスParaviにて独占配信される予定だ。

内閣情報調査室にあるSPEC HOLDER対策の特務専従係、通称「特務(トクム)」へと舞台を移した「SICK'S」。「恕乃抄」では木村が演じる御厨静琉(みくりやしずる)と、松田が演じる高座宏世(たかくらひろよ)が、SPEC HOLDERを巡る権力闘争に立ち向かうさまが描かれた。「覇乃抄」ではその対立が激化。総理大臣や国を動かそうとする会議体、アジアの某超大国、宗教団体などの思惑が交錯していく。

「完結篇」と名が付く同シリーズでの主演を「身に余る大役」と話す木村。10月からすでにクランクインしており、「今でも緊張しながら演じています。でもこのチームで一緒にできることに希望とやりがいを感じて撮影しています。心中する覚悟です」と意気込みを述べた。木村が「まっすぐな高座の存在がなかったら、お家に帰ってもヘコむ」と話すほど、撮影は苦労の連続だという。

堤の監督作「イニシエーション・ラブ」でも共演していた木村と松田。「あの頃と比べたらだいぶ仲良くなった。すごい人見知りだったのに」と松田が関係性の変化を明かすと、木村も「人見知りも時間が経つとだいぶ近付けるようになるんですよね(笑)」と同意する。堤は「兄妹みたい」と2人の仲むつまじい様子を表現した。

堤は、新作について「今回の2作品は社会の深いところを突く。真っ当な社会派ドラマですよ」とコメント。「完結篇」と銘打たれていることに関し「本当に完結するのか?」と尋ねられると、「それを言っちゃあ面白くない」と笑う。「何をもって完結とするのか。完結篇だから完結はする。でも完結がどういう状態なのか、その意味を深く考えていただきたい」と語った。

会見では「ケイゾク」で主演を務めた中谷美紀、「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」で主演を務めた戸田恵梨香からのサプライズコメント映像が流される場面も。「ケイゾク」でのいい思い出がすぐに出てこない中谷と、「続編はやりたくない」と率直に話す戸田の冗談交じりのメッセージに、堤も苦笑い。そして木村と松田は、笑みをこぼしながら2人の話に深くうなずいていた。

映画ナタリーをフォロー