映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田孝之×佐藤健×荒川良々「ハード・コア」山下敦弘が自ら手がけた新予告

1089

山田孝之佐藤健荒川良々の共演作「ハード・コア」のディレクターズカット版予告編と新たなポスタービジュアルが到着した。

狩撫麻礼といましろたかしによるマンガ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」を山下敦弘が実写化した本作は、謎のロボット“ロボオ”と出会った不器用な男たちの姿を描く物語。世間になじめない純粋すぎる男・権藤右近を山田、右近の弟・左近を佐藤、右近の友人・牛山を荒川が演じたほか、石橋けい首くくり栲象康すおん松たか子が出演した。

このたびYouTubeで公開された予告編は、山下自らが監修し制作したもの。Ovall feat. Gotchによるエンディングテーマ「なだらかな夜」に乗せて、左近に殴られた右近が「間違ってることを間違ってるって言って何が悪いんだよ! 俺はちゃんと生きたいんだよ!」と主張するさまなど、劇中のシーンが映し出されていく。山下は「映画『ハード・コア』の魅力をひとつの予告編に絞ることなんて出来ない!と思ってしまい、自ら予告編を作ってしまいました。自分自身で予告編を作るのはこれが最初で最後だと思います」と制作の意図を説明した。また、昭和レトロ風に描かれたポスターも山下が監修している。

「ハード・コア」は11月23日より全国でロードショー。なお本作は、10月25日から11月3日にかけて東京・六本木ヒルズほかにて開催される第31回東京国際映画祭の特別招待枠に出品される。

※「ハード・コア」はR15+指定作品

(c)2018「ハード・コア」製作委員会

映画ナタリーをフォロー