映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「旅猫リポート」福士蒼汰、高畑充希の猫声に最初は驚き「しゃべった!!」

310

福士蒼汰

福士蒼汰

旅猫リポート」の完成記念プレミア試写会が、本日9月25日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストの福士蒼汰高畑充希竹内結子広瀬アリス大野拓朗山本涼介、監督の三木康一郎が登壇した。

本作は、ある事情で飼い猫のナナを手放さなければならなくなった青年・悟が、新しい飼い主を探すためナナと一緒に旅に出るロードムービー。福士は自身が演じた悟を「本当に心が優しい青年。皆さんが思ってる以上に優しい青年なんです」と表現し、「なんでそういう青年なのか、そういう彼の境遇や生き方を紐解いて、そこを忘れずに演じようと心がけました」と役に込めた思いを口にする。“相棒”ナナとの初対面の際には「猫ちゃんとあまり会う機会がなかったので(接し方が)わからなかった。だから嫌なことはしないようにって」と心がけていたことを明かした。

声の出演をした高畑は、猫の心の声というオファーに当初は戸惑ったようだが「映画の中でナナちゃんがすごくいい顔をしていて。この顔だったらこうしゃべるかな?とか想像しながら、近付けるように必死にがんばりました」とアフレコ時の心境を述懐。福士は「皆さん、最初は『(猫が)しゃべった!!』って思うかもしれませんが、第2声からはすごくなじむと思います。だってしゃべるんですよ、猫が。だから最初は『しゃべった!!』って思ったんです(笑)」と率直な感想を述べつつ、高畑の自然な演技を称える。

竹内と山本は、猫好きゆえに葛藤しながら演技していたと振り返った。猫が苦手な法子役の竹内は「ちょっとずつ距離を詰めていこうと。ナナがかわいい仕草をしていても、絶対に心奪われちゃいけない!って思いながら過ごしました(笑)」と告白。山本は「ナナにシャーってキレられるシーンがあったんです。でもわざと嫌がることをしなきゃいけないから……なんで監督こんなことさせるんだろうって……」と猫を思うあまりつらい撮影であったことを打ち明けた。

劇中の学生時代の回想シーンでは福士、広瀬、大野が制服姿を披露している。「福士さんが一番(制服が)似合っていました。着慣れている!」と声をそろえる広瀬と大野。しかし広瀬が大野に「サラリーマンって言われてましたよ!」と言えば、大野も「広瀬さんは落ち着いていて大人っぽいからコスプレ感が……」と言い返す場面も。本当の同級生さながら仲良く撮影できたようで、福士は「学生時代はとても大好きなシーンです」とにこやかに語った。

本作は有川浩の同名小説を映画化したもの。三木は有川から「猫を中心に撮ってください」とリクエストがあったことを明かし、「ナナが嫌がったら撮影をやめて。しっかりナナを見つめながらやっていました」と言葉に力を込める。最後に福士は「人と人、人と動物のつながりがよく見えて、朗らかになれる映画です。心と心がつながる、その瞬間を体感してほしいなと思います」と本作の持つメッセージを観客に伝えた。

「旅猫リポート」は10月26日より全国でロードショー。

(c)2018「旅猫リポート」製作委員会

映画ナタリーをフォロー