映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「検察側の罪人」動員2連覇!初登場に「アントマン」「SUNNY」「キミスイ」

191

「検察側の罪人」ロゴ

「検察側の罪人」ロゴ

9月1日から2日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、前週に引き続き「検察側の罪人」が1位、「銀魂2 掟は破るためにこそある」が2位を獲得した。

「検察側の罪人」は、雫井脩介の同名小説を原田眞人が実写化したサスペンス。エリート検事・最上を木村拓哉、若手検事・沖野を二宮和也が演じたほか、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真(TEAM NACS)、山崎紘菜、松重豊、山崎努がキャストに名を連ねた。空知英秋によるマンガを福田雄一が映画化した「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、現在興行収入20億円を突破し、9月2日付けで動員170万人を記録している。

3位にはマーベルコミックを原作とする「アントマン」の続編「アントマン&ワスプ」が初登場。そのほか初登場作品として、大根仁が監督を務め、篠原涼子と広瀬すずが出演した「SUNNY 強い気持ち・強い愛」が7位に、高杉真宙とLynnが声の出演をした劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」が10位に入った。また、公開11週目を迎えた上田慎一郎の監督作「カメラを止めるな!」は前週と同じく6位に踏み留まっている。

2018年9月1日~2日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 2週目)「検察側の罪人」
2.(2→ / 3週目)「銀魂2 掟は破るためにこそある」
3.(NEW)「アントマン&ワスプ」
4.(3↓ / 6週目)「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
5.(4↓ / 5週目)「インクレディブル・ファミリー
6.(6→ / 11週目)「カメラを止めるな!」
7.(NEW)「SUNNY 強い気持ち・強い愛」
8.(5↓ / 5週目)「ミッション:インポッシブル/フォールアウト
9.(7↓ / 2週目)「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
10.(NEW)「君の膵臓をたべたい」

映画ナタリーをフォロー