映画「アントマン&ワスプ」 PR

アキナが語る「アントマン&ワスプ」|カッコいいし、オモロいし、愛がある

マーベル・スタジオ最新作「アントマン&ワスプ」が8月31日(金)に日本で公開される。この作品はユーモアたっぷりのバディ・アクション・ムービー。身長1.5cmになれる特殊スーツを身に着けた“頼りないヒーロー”アントマンと、“完璧なヒロイン”ワスプの活躍が描かれる。

本作の魅力を伝えるべく、お笑いナタリーではアキナへのインタビューを実施。キャラクターやアクションの面白さはもちろん、お笑い好きの読者が楽しめそうなポイントを、彼らのバディ感あふれる貴重なエピソードと共に語ってもらった。

取材・文 / 成田邦洋 撮影 / 塩崎智裕

映画館に行かなアカン

──お2人は普段、映画をご覧になりますか?

秋山賢太 僕は正直たまにしか観ないですし、映画館で観ることはあまりないです。でも、この「アントマン&ワスプ」を試写会で観て、「映画館に行かなアカンな! 行きたいな!」って思いました。

──秋山さんにそう語らせるほどの作品だったと。

秋山 めちゃくちゃオモロかったです。僕は前作の「アントマン」を観てないんですけど、それがまったく気にならないくらい、のめり込んでました。

アキナ

山名文和 僕も、映画を観るのは好きなんですけど、映画館にはけっこうな期間、行ってなくて。「アントマン」シリーズは初めて観ましたが、それもぜんぜん何も気にならない。600点です。

秋山 600点?

山名 「アントマン&ワスプ」の点数です。

秋山 数字オモんないねん!

──(笑)。アントマン(スコット)とワスプ(ホープ)のことを、どんなバディだと思われました?

秋山 ホープがしっかりしてるぶん、スコットがちょっと抜けてるところがあって、ベストカップルだと思います。

「アントマン&ワスプ」より、左からエヴァンジェリン・リリー演じるワスプ(ホープ)、ポール・ラッド演じるアントマン(スコット)。

山名 それでいて、ホープがピンチのときは、スコットがしっかり助けるみたいな。完璧ですよね。

秋山 ここぞってところで、スコットがちゃんと“男を出す”感じ。カップルとして、700点です!

山名 しょうもないしょうもない(笑)。

1.5cmになったらしたいこと

アキナ

──そんなアントマンとワスプは、身長1.5cmのヒーローとヒロインに変身することから「小さくなるほど強くなる」「最小にして最強」と謳われます。

秋山 素晴らしいキャッチコピーやな。

山名 観る前には、まったくわからなかったんですよ。「小さくなるほど強くなる」って。でも、その通りですね、これは。

──もしもお2人が1.5cmになったら、どんなことをしてみたいですか?

山名 (シリアスなトーンで)そこ、入っていきますか?

──踏み込んではいけない領域だったでしょうか……。

秋山 僕は、師匠方の家に潜り込みます(笑)。「ああ、こういう家に住んでんねや」と。どんな暮らしをしているのか、ただ見てみたいです。

山名 僕は、好きとかではないですけど、なんか気になる女の人っていますやん? そういう方の部屋に、できれば夜中に忍び込んで、とことんお話したいです(笑)。

秋山 すみません、(山名は)エッチ坊主なんで。

ほぼ身長1.5cmの実寸大アントマンと、アキナ山名。

山名 あと、こないだ街中でね、ほぼ中身の入ってる缶ジュースを捨てた人がおったんです。むっちゃ腹立って忘れられないんですけど。顔見たら怖そうな人で注意もできなくて。その人を見つけて、ブスブス針刺したい(笑)。

秋山 まさに「小さくなるほど強くなる」ですね。

山名の声が「おん、おん」漏れる

──アントマンとワスプに限らず、この映画ではいろいろなものが大きくなったり小さくなったりします。

秋山 最後のほうのカーチェイス! あれは気持ちいいですよね。笑えるしハラハラするし。あそこのシーンはずっとすごかった。デカいシーンが、ずっと面白かったです。

山名 自分が小さくなるから鳩がデカく見えるのもオモロいですね。

秋山 あらためてデカくなったのを見ると、ハトって目つき怖い(笑)。

ほぼ身長1.5cmの実寸大ワスプと、アキナ秋山。

──男子から見て、ワクワクするような場面が満載だったのでは?

秋山 もちろんそうですけど、女子もめちゃくちゃハマると思います。

山名 デートとかで観たら全力で楽しめるのでは? 付き合いたてで、まだお互いの好みを知らんとき。

秋山 学生デートにオススメですよ。カップルで観たあとに「アントマン」ごっこをして、なんかチョケたりしてほしいです(笑)。

──少林寺拳法の経験者でもある山名さんが、アクションシーンに思うところは?

山名 走ってる車の後部座席から、窓の外に身体を全部投げながら、助手席の窓に突っ込んでキックで入っていったりするのは、すごいです。あれは少林寺拳法ではなかなかできない(笑)。

「アントマン&ワスプ」より、エヴァンジェリン・リリー演じるワスプ(ホープ)。

秋山 アクションシーンのとき、僕の隣で声が漏れてました。ずっと小さい声で「おん、おん、おん、おん」って言ってたやん?

山名 そうやとしたら自分でも声出てるの気づいてない(笑)。殴られる瞬間とか、いいタイミングでちっちゃくなりますやん。息もつかせぬアクションの展開。それは「おん、おん」言っちゃいます。

「アントマン&ワスプ」
2018年8月31日(金)全国ロードショー
「アントマン&ワスプ」
ストーリー

身長1.5cmの“頼りないヒーロー”アントマンと、“完璧なヒロイン”ワスプ。2人の前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女・ゴーストが現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、人や車、ビルなどすべてのサイズが変幻自在に変わる“なんでもアリ”の大騒動に! ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守りきれるのか?

スタッフ

監督:ペイトン・リード

製作:ケヴィン・ファイギ

キャスト

ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ダグラス、マイケル・ペーニャ、ハンナ・ジョン=カーメン、ローレンス・フィッシュバーンほか

アキナ
アキナ
左 / 山名文和(ヤマナフミカズ)
1980年7月3日生まれ。滋賀県出身。
右 / 秋山賢太(アキヤマケンタ)
1983年6月24日生まれ。兵庫県出身。
2012年結成。「第45回NHK上方漫才コンテスト」「第4回NHK新人お笑い大賞」など受賞多数。2016年には「M-1グランプリ」で決勝進出を果たし、「キングオブコント」では2014年、2015年、2017年の3回、ファイナリストに。現在「関西発!才能発掘TV マンモスター+」(MBS)で司会を務めるほか、「キャスト」(ABC)、「せやねん!」(MBS)、「アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー」(サンテレビ)などに出演中。単独ライブやユニットライブ「アキナ牛シュタイン」を定期的に開催している。