三浦春馬「アイネクライネナハトムジーク」に萩原利久、成田瑛基、こだまたいち出演

276

三浦春馬が主演を務める「アイネクライネナハトムジーク」に萩原利久成田瑛基、こだまたいちが出演していることがわかった。

左から成田瑛基演じる小野学、萩原利久演じる久留米和人、こだまたいち演じる“斉藤さん”。

左から成田瑛基演じる小野学、萩原利久演じる久留米和人、こだまたいち演じる“斉藤さん”。

大きなサイズで見る(全3件)

左から「アイネクライネナハトムジーク」書影、三浦春馬。

左から「アイネクライネナハトムジーク」書影、三浦春馬。[拡大]

伊坂幸太郎の同名小説をもとに、今泉力哉が監督を務めた本作。宮城・仙台を舞台とする原作は「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなるラブストーリーだ。映画では三浦演じる“劇的な出会い”を待つだけの男・佐藤を中心に物語が展開していく。

「高崎グラフィティ。」「あの日のオルガン」の封切りを控える萩原が演じるのは、高校生の久留米和人。恒松祐里扮する織田美緒と八木優希扮する亜美子のクラスメイトで、美緒のことが気になっているという役どころだ。また約3カ月ものトレーニングを経て撮影に臨んだ成田が、日本人初のヘビー級ボクシング世界チャンピオン・ウィンストン小野こと小野学に。アーティストとしても活動するこだまが、仙台駅前で10年間も同じ曲の弾き語りを続ける謎のストリートミュージシャン“斉藤さん”に扮した。

「アイネクライネナハトムジーク」は2019年秋の公開を予定。そのほか多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、貫地谷しほり、MEGUMI、濱田マリ、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけしがキャストに名を連ねている。

この記事の画像(全3件)

関連記事

三浦春馬のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アイネクライネナハトムジーク / 三浦春馬 / 今泉力哉 / 萩原利久 / 成田瑛基 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。