スタンリー・キューブリックが手がけた“幻の脚本”発見

222

行方不明になっていた、スタンリー・キューブリックによる脚本が発見されたことをIndiewireなどが報じた。

スタンリー・キューブリック(写真提供:LFI / Photoshot / ゼータ イメージ)

スタンリー・キューブリック(写真提供:LFI / Photoshot / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

ダニー・ボイルを輩出したウェールズ・バンガー大学の教授、ネイサン・エイブラムスが発見したこの脚本のタイトルは「Burning Secret(英題)」。オーストリアの作家シュテファン・ツヴァイクによる同名小説がもとになっており、1956年に執筆された。キューブリックは「突撃」でも共同で脚本を執筆したカルダー・ウィリンガムとともに、「Burning Secret」の脚色を手がけている。

エイブラムスは同作について「(キューブリック監督作の)『ロリータ』と逆の構造を持っている。『ロリータ』の主人公は少女に近付くためにその母親と結婚するが、『Burning Secret』のメインキャラクターは、ある女性と接近するためにその息子と友人になるのだ」とコメント。また、100ページ以上ある脚本について「これから映画化することも可能だろう」と語っている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

スタンリー・キューブリックのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 スタンリー・キューブリック の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。