映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「キスできる餃子」足立梨花、撮影中の田村侑久について「うるっさくてうるさくて」

376

「キスできる餃子」公開記念舞台挨拶の様子。左から佐野ひなこ、足立梨花、田村侑久、秦建日子。

「キスできる餃子」公開記念舞台挨拶の様子。左から佐野ひなこ、足立梨花、田村侑久、秦建日子。

キスできる餃子」の公開記念舞台挨拶が、本日6月23日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの足立梨花田村侑久BOYS AND MEN)、佐野ひなこ、監督を務めた秦建日子が登壇した。

餃子の町・宇都宮が舞台となる本作は、実家の餃子屋を再建するため奮闘するシングルマザー・藤田陽子と、イケメンプロゴルファー・岩原亮の恋を描くラブコメディ。足立が陽子、田村が亮に扮し、佐野が陽子の幼なじみ・倉橋麻里を演じた。田村は大きく両腕を振り、観客をあおりながら登場。MCから足立と同じピンク色の衣装について「おそろいですか?」と問われ「はい! そうです。今日はおそろいでやろうって」と述べるも、隣りの足立に「違います違います。(田村が)勝手に合わせてきたんです」とかぶせるように否定される。笑いながら言い合う足立と田村の様子を見ていた佐野が「これぐらい仲がいいんですよ」とフォローするも、足立は「やだ、怖ーい!」と悲鳴を上げていた。

オファーを受けた当時の心境を問われた足立は「ネットでも書かれていたんですが、タイトルを見たときに『餃子にキスするの?』『足立梨花にキスするの?』みたいな。どういう映画なのか不思議だなと思っていたんですが、台本を読んだあとに納得して。それから撮影するのが楽しみになりました」と回想。役作りにあたって気を付けたことについて田村は「普段僕は元気いっぱいで明るいんで、テンションを抑えることから始めました」と述懐。足立は「だから反動が出たのか、休憩中うるっさくてうるさくて」と苦笑。MCが「足立さんとお話しされてたんですか?」と聞くと、足立は「1人です」と断言し、会場の笑いを誘った。

続いて話題は田村のキャスティングエピソードに。秦は亮役として、最初から田村にオファーをしていたものの、田村の事務所は同じBOYS AND MENの勇翔を推薦してきたという。秦は「顔合わせのときに田村くんと勇翔くんが2人で来て。しかも事務所の人が『今からでも心変わりしていただいていいですよ』と勇翔くんを推すので、かなり斬新な顔合わせだったな」と思い起こす。キスと餃子を掛け合わせたアイデアについて秦は、自身が原作を手がけた「アンフェア」シリーズに触れながら「餃子から遠いものを組み合わせようと思ってたんですが、僕には殺人事件のオファーばかり来るのでそれはやめて恋愛にしようと。結局すぐに恋愛ものだとわかるし、餃子がタイトルに入ってるのでわかりやすいなと思って」と明かした。

イベントでは、観客向けの撮影タイムが設けられ「呼んでくれた方向を向きます!」と宣言した田村が、会場のあちこちから向けられる「タムタムコール」にすべて応えようと小刻みに顔を動かす場面も。最後に足立は「本当に素敵な作品になってると思います。観終わったあとに恋したいなとか、お仕事がんばろうとか、餃子食べたいなとかいろんな感情になって帰っていただければ」と語り、イベントを締めくくった。

「キスできる餃子」は全国で公開中。

※記事初出時、一部事実と異なる内容がありました。お詫びして訂正します。

(c)2018「キスできる餃子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー