映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ギャスパー・ウリエル、イザベル・ユペールとの共演は「刺激的だが恐怖も感じる」

74

「エヴァ」

「エヴァ」

7月7日に公開を控える「エヴァ」より、キャストのギャスパー・ウリエル、監督を務めたブノワ・ジャコーのインタビュー映像が到着した。

本作は、ウリエル演じる新進作家ベルトランが、イザベル・ユペール扮する謎の娼婦エヴァに心を奪われ、官能と破滅の道へと進んでいく様子を描いたもの。YouTubeにて公開中の映像で、ウリエルはユペールを“映画界の重鎮”と評しながら「刺激的だが恐怖も感じる。それが原動力にもなる」と共演時を振り返る。そしてジャコーは「役者の演技に関する自由の、最大限にして理想形。それがイザベルだ」とコメントした。

「エヴァ」は東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

(c)2017 MACASSAR PRODUCTIONS - EUROPACORP - ARTE France CINEMA - NJJ ENTERTAINMENT - SCOPE

映画ナタリーをフォロー