映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山田菜々美、ホラー映画「黒看」撮影振り返る「音楽ガンガンでお風呂に入った」

256

山田菜々美

山田菜々美

黒看」にて主演を務める山田菜々美AKB48チーム8)のコメントが到着。あわせてメインビジュアルが公開された。

「黒看」は、黒木あるじによる書籍「怪談実話傑作選 弔」内の同名エピソードを映像化したホラー。「コープスパーティー」シリーズを手がけ、「東映 presents HKT48×48人の映画監督たち」にも参加した山田雅史がメガホンを取った。山田のほか百川晴香、佐伯香織、若松優、河合美咲らが出演している。

のどかな田園地帯にある病院で働く看護師・麻間利江を演じた山田。AKB48のメンバー以外との仕事に不安を抱いていたことを明かし、「1人の時間が多くて、部屋で台本を何回も読んだりと大事な時間を過ごせたとも思いますが、その反面、深夜の病院での撮影が終わってから部屋に帰ると1人がすごく怖くて……。音楽ガンガンでお風呂に入りました」と笑いながら撮影を回想する。

ホラーが苦手という山田は「私がホラー映画で主演なんて不思議な感じです。幼い頃、夏の夜にテレビで観た怖い番組が忘れられなくて、それ以来、ホラー映画や怖い番組が全然駄目なんです」と吐露。しかし貞子が登場することで知られる「リング」を観る意志があると言い、「もし最後まで観ることができたらホラーを克服できそうです。そしてまた映画に出演できる機会をいただけるなら、私は本作のパート2である『黒看2』で再び演技がしたいです。でも次回はホテルは共演者と相部屋でお願いします!(笑)」と胸の内を語った。

また黒木のコメントも到着。「『ホラー映画の撮影は現場で何かが起こる』とよく聞きます。はたして本作はどうだろうと思ってスタッフに確認したところ、なかなか興味深い返事が返ってきました。当事者に取材して、7月発売の文庫にも緊急掲載しようと思います」と述べている。

「黒看」は2018年夏、東京・ユーロスペースほかにて順次公開予定。

(c)2018黒木あるじ/『黒看』製作委員会

映画ナタリーをフォロー