「シュウカツ」第3弾の製作決定、渡部秀「1、2を超える作品に」

681

シュウカツ2」のDVD発売先行イベントが本日6月3日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの渡部秀染谷俊之溝口琢矢、監督の千葉誠治が出席。この場で続編の製作が発表された。

左から溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀。

左から溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀。

大きなサイズで見る(全20件)

就職活動をテーマにしたオムニバス映画「シュウカツ」の第2弾となる本作は、若者たちが内定を獲得するため頭脳戦に挑むさまを描いたサスペンス。溝口は第1話「ディベート」で戸谷公人とともに、染谷は第2話「入社前研修」、渡部は第3話「報復面接」でそれぞれ主演を務めている。

溝口琢矢

溝口琢矢[拡大]

左から溝口琢矢、染谷俊之。

左から溝口琢矢、染谷俊之。[拡大]

理想の面接官を語る、就職活動未経験の渡部と染谷と溝口。「公人くんは嫌」と切り出す溝口が「独特な雰囲気でこちらを和らげてくれるけど、いざしゃべりだしたら冷たくされそう。だから受かりたいときは染谷くん。面接を楽しみたいときは秀くん」と語ると、染谷は「めちゃめちゃドSなんで、圧迫しますよ」と釘を刺す。平気な顔をしている溝口は「僕ってめちゃめちゃおしゃべりなんです。1聞かれたら10返す。圧迫されてもしゃべりで圧倒します(笑)」と自信をのぞかせた。

渡部秀

渡部秀[拡大]

左から溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀。

左から溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀。[拡大]

続いて溝口を相手に、渡部が面接に挑戦する。「どうも。初めまして、渡部です」とテンション低めに自己紹介をする渡部を、溝口は「そういうのいいから」と圧迫。「なんでここ(会社)志望したの?」という冷たい問いかけに渡部が理由を語り始めるも、溝口は食い気味に「そうなんですか!?」と遮り会社の特色を勝手にしゃべりだす。「元気なのが重要なのでもっとテンション上げて、ガッツリ」とアドバイスされた渡部は、ガッツポーズをしながら「へいへいへーい」と声量低めに発言。これを見た溝口は「採用です」と即答していた。

染谷俊之

染谷俊之[拡大]

理想の面接官にフィギュアスケート選手・羽生結弦の名前を挙げる渡部は「この映画と縁が深いんです。前の舞台挨拶の日にオリンピックのメダルを取られて、国民栄誉賞が決まって」と語り、羽生が経営する架空の会社名を聞かれると「幸せカンパニー」と妄想。世の中に笑顔を届けるのが仕事だと説明する。また渡部から仕立て屋の経営が似合いそうと言われた染谷は、満更でもない様子だったが「でも玉止めできないですよ。ボビンもぐちゃぐちゃになっちゃうし」と話し笑いを誘った。

左から溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀。

左から溝口琢矢、染谷俊之、渡部秀。[拡大]

キャスト陣が退席し、イベント終了かと思いきや千葉の口からシリーズ第3弾「シュウカツ3」の製作決定がサプライズで発表。本作にも出演する渡部と溝口が再び登壇した。1作目から3作目まで出演することとなる渡部は「まだまだ内容については明かせませんが、1、2を超える素敵な作品にできたら」と意気込む。「セリフの量が怖い」と不安を漏らす溝口に、渡部は「おしゃべりだから大丈夫でしょ(笑)」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

「シュウカツ2」のDVDは明日6月4日より特別サイトにて予約開始。6月29日に発売される。

この記事の画像(全20件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

渡部秀のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018『SHUKATSU 2』面接委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 シュウカツ3【就職活動】 / シュウカツ2 / 渡部秀 / 染谷俊之 / 溝口琢矢 / 千葉誠治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。