映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「シュウカツ2」渡部秀&戸谷公人が観客へ“面接”実施「羽生選手をどう思う?」

618

左から渡部秀、戸谷公人、千葉誠治。

左から渡部秀、戸谷公人、千葉誠治。

シュウカツ2」の先行上映舞台挨拶が、本日2月18日に東京・シネマート新宿にて開催され、渡部秀戸谷公人、監督の千葉誠治が登壇した。

本作は、就職活動をテーマにしたオムニバス映画「シュウカツ」の第2弾。若者たちが内定を獲得するため、頭脳戦に挑む。第3話「報復面接」に主演した渡部は、「前作の『シュウカツ』は就活生同士のバトルだったので内面を表現するよう意識しましたが、今回は社会対自分という広いテーマを織り込みました」と説明する。

第1話「ディベート」へ、十年来の仲である溝口琢矢とともに出演した戸谷は「いつも隣りにいるワンちゃん……おしゃべりクソ野郎が今日はいないんですけど」と紹介して笑いを起こす。そんな溝口と以前共演した「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」を振り返り「当時はこんなにちっちゃかったのに……」とわざと膝下あたりの高さを指しつつ、「そんな琢矢が就活する役になったかというお兄ちゃん心があります」と語った。

本作はセリフ量が多かったことから、自身の台本の覚え方を聞かれた戸谷は「俺は入浴中とか。寝る前に覚えるといい」と回答。一方の渡部は「今やってる『科捜研の女』はコメダ珈琲とか。作品によってコーヒー店が違うんですけど、雑音がある方が覚えられる」と具体的な喫茶店名を出して一同を驚かせた。

ここで、観客に対してキャストの2人が“面接”をする企画「最終面接は主要キャストが面接官!」を行うことになり、戸谷が「圧迫面接でいいんですか?」とにやり。まずは選ばれた観客へ、渡部が「渡部カンパニーへようこそ。ブラック企業です」「羽生結弦選手をどう思いますか?」「僕がこの映画で演じた男性の役名はなんでしょうか?」「僕は何座でしょう?」と質問を重ね、見事正解した相手へ「採用。もう役員です!」と合格を告げる。戸谷は自身の好きなバイクや今行きたい場所、実家で飼っている犬の数などを当てるファンたちの詳しさに驚いた様子。また終盤では、渡部が観客に「僕の今の悩みはなんでしょう?」と難題を突きつける。指で上を指しながら「身体的な悩みです。パーツがもっと上……いやもうちょっと下……冬になると特に……」とほぼ答えに近いヒントを言いながらも、「ドライアイ」という正解にたどり着いたファンへ非売品ポスターを贈った。

最後に渡部は、平昌オリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケート選手・羽生結弦の名を挙げ「同世代の方が活躍している姿を見て感銘を受けますし、自分もますますがんばっていかないとなと思う」とコメント。戸谷は「第2弾ができたのは皆さんがこうして劇場に足を運んでくれたおかげ。3、4と続けていきたいですし、琢矢や染谷俊之くんともまた共演したい。キャストをシャッフルしても面白いと思う」と挨拶する。そして千葉も「願わくば『シュウカツ3』につなげられたら」と野望を語り、イベントは終了した。

「シュウカツ2」はシネマート新宿にて2月24日よりロードショー。その後、大阪・シネマート心斎橋、愛知・シネマスコーレで順次公開される。

映画ナタリーをフォロー