星由里子が74歳で死去、「若大将」シリーズのマドンナ役など

69

星由里子が5月16日、心房細動および肺がんのため京都市内の病院で亡くなったと所属事務所である東宝芸能が発表した。74歳だった。

星由里子

星由里子

大きなサイズで見る

星は1958年、東宝の「ミス・シンデレラ娘」に選ばれ、1959年に「すずかけの散歩道」で女優デビュー。1961年に「大学の若大将」で加山雄三演じる大学生の恋人・澄子を演じて以来、「若大将」シリーズのマドンナ役を務めた。ほかに、「世界大戦争」「モスラ対ゴジラ」「三大怪獣 地球最大の決戦」など東宝の娯楽映画を中心に活躍。2016年には「校庭に東風吹いて」「全員、片想い」「浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~」に出演した。

なお葬儀は、家族葬にて執り行われ、後日お別れの会が開かれる予定だ。

関連記事

星由里子のほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 大学の若大将 / すずかけの散歩道 / 三大怪獣 地球最大の決戦 / 世界大戦争 / モスラ対ゴジラ / 校庭に東風吹いて / 浅草・筑波の喜久次郎~浅草六区を創った筑波人~ / 星由里子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。