映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡本喜八の特集が阿佐ヶ谷で開催、監修務めたテレビ作品含め36本上映

171

「独立愚連隊西へ」 (c)1960 東宝

「独立愚連隊西へ」 (c)1960 東宝

「鬼才・奇才・キ才 岡本喜八」と題された特集上映が、明日4月22日から6月30日にかけて東京・ラピュタ阿佐ヶ谷で実施される。

アクション、コメディ、時代劇などさまざなジャンルの娯楽映画を監督した岡本喜八。この特集では、劇映画31本に加え、岡本が監修を務めたテレビ作品「遊撃戦」より、5話が上映される。ラインナップには、佐藤允が主演を務めた西部劇タッチの戦争アクション活劇「独立愚連隊」「独立愚連隊西へ」、寺田農が21歳の特攻隊員“あいつ”に扮した戦争ドラマ「肉弾」が並ぶ。

さらに、仲代達矢が主演を務めた「斬る」「大菩薩峠」「殺人狂時代」、抗争を解決するためやくざたちが野球をする菅原文太主演作「ダイナマイトどんどん」、遺作となった真田広之主演の時代劇「助太刀屋助六」などもスクリーンにかけられる。

会期中はトークイベントも行われ、宮下順子水野久美丹波義隆田村奈巳宝田明、撮影監督の加藤雄大、編集技師の川島章正が登壇する。スケジュールの詳細は劇場の公式サイトで確認してほしい。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

鬼才・奇才・キ才 岡本喜八

2018年4月22日(日)~6月30日(土)東京都 ラピュタ阿佐ヶ谷
<上映作品>
ああ爆弾
結婚のすべて
暗黒街の顔役(1959年)
「独立愚連隊」
「斬る」
「ダイナマイトどんどん」
「独立愚連隊西へ」
ある日わたしは

血と砂(1965年)
大菩薩峠(1966年)
戦国野郎
青葉繁れる
どぶ鼠作戦
激動の昭和史 沖縄決戦
座頭市と用心棒
吶喊(とっかん)
英霊たちの応援歌・最後の早慶戦
日本のいちばん長い日(1967年)
「肉弾」
EAST MEETS WEST
若い娘たち
赤毛
暗黒街の弾痕(1961年)
月給泥棒
地獄の饗宴
江分利満氏の優雅な生活
近頃なぜかチャールストン
「助太刀屋助六」
ジャズ大名
「殺人狂時代」
テレビ作品「遊撃戦」
第1回 「遊撃隊前へ」
第3回「日の丸婆さん」
第7回「老兵は死なず」
第9回「十万元の戦い」
第13回「もぐらと太陽」
料金:一般 1200円 / シニア、学生 1000円 / 会員 800円 / 3回券 2700円
※水曜サービスデー1000円均一

映画ナタリーをフォロー