映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ミスミソウ」山田杏奈や清水尋也らキャスト10名集結、内藤瑛亮「全員1億点」

239

「ミスミソウ」初日舞台挨拶にて、左から櫻愛里紗、紺野彩夏、中田青渚、大塚れな、大谷凜香、⼭⽥杏奈、清⽔尋也、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、内藤瑛亮。

「ミスミソウ」初日舞台挨拶にて、左から櫻愛里紗、紺野彩夏、中田青渚、大塚れな、大谷凜香、⼭⽥杏奈、清⽔尋也、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人、内藤瑛亮。

ミスミソウ」の初日舞台挨拶が、本日4月7日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの山田杏奈清水尋也大谷凜香、監督の内藤瑛亮らが登壇した。

押切蓮介のマンガを実写化した「ミスミソウ」は、東京から田舎に転校してきたことで壮絶ないじめを受ける少女・野咲春花の復讐を描くサイコホラー。舞台挨拶にはいじめグループの生徒たちを演じた大塚れな中田青渚紺野彩夏櫻愛里紗遠藤健慎大友一生遠藤真人も出席した。

キャスト陣は劇中衣装を着用して勢ぞろい。映画初主演を務めた山田を筆頭に、演技に初挑戦した者、初めて舞台挨拶に登壇する者もいる若き役者たちに、内藤は「雪まみれ血まみれで過酷な撮影だったけど、全員100点満点中1億点ぐらいがんばってくれた」と労いの言葉をかける。クランクアップでは内藤の計らいにより、押切のイラスト入り卒業証書を渡すサプライズがあったそうで、山田は「劇中では学校を卒業できなかったんですけど、撮影を終えてみんなで卒業できたようでよかったです」と晴れやかな笑顔を見せた。

さらに本日はサプライズで、内藤から山田に宛てた手紙を読み上げる場面も。「本作に参加する決め手となったのは山田さんのオーディション映像でした。単純にあなたを撮ってみたかった」「企画が頓挫しかかっていたこの映画を救い出したのは山田杏奈の魅力、俳優としての力にほかならない。初主演としての大役はすでにそのときに果たしていたと思っています」といった言葉を受け、山田は「主演として何か果たせたかなと考えても、今はまだ……。でもたくさん経験させてもらって本当に幸せでした」と目に涙を溜めながら感謝する。

さらに登壇者たちは、自分の目指す役者像を1人ひとり述べていくことに。高校を卒業したばかりの清水は「自分の今後について考える時間が増えた。芝居ってうまいだけでは生き残れない。うまい芝居より、深い芝居ができるよう努力していきたいです」と語り、本作で女優デビューした大谷は「スタートでしかなかった。小黒妙子ちゃんという役は気持ちを汲み取るのが大変だったけど、一番最初にこういう経験ができてよかった。また新しい私に出会ってもらえるよう進んでいくしかない」と宣言。

山田は「『ミスミソウ』に出演したことで女優として生きていく覚悟ができたので。日常を題材とした作品も、目を背けたくなる現実を描いた作品も、いろんなものに挑戦したい」と力強く誓う。そして内藤は「5年後10年後、もっと活躍して『ミスミソウ』に出てたよねと言われる役者になっていってほしいです」と役者陣にエールを送り、観客に「学校で苦しんでいる人は『ミスミソウ』を観に来てほしいです」と呼びかけた。

※「ミスミソウ」はR15+指定作品

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

(c)押切蓮介/双葉社 (c)2017「ミスミソウ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー