受賞者には5000万円の資金を支援、TSUTAYA映像クリエイター発掘企画実施

125

クリエイターの発掘と育成を目的としたプロジェクト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」の実施が決定。本日4月5日より、長編作品として実写映像化が可能な企画の募集がスタートした。

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」ビジュアル

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

同企画では、プロやアマ、個人や団体を問わず60分以上の映像化が可能な企画書を6月5日まで募集。1次審査の通過者は2次審査に向けたシナリオとポスタービジュアルを提出し、2次審査も通過した場合は最終審査として企画のプレゼンテーションを行うことになる。最終的には3作品を選定。受賞者には5000万円以上の資金が支援され、制作体制のバックアップも行われる。

また4月26日に東京・渋谷ガーデンタワーにて応募説明会を実施。4月23日18時までエントリーを受け付けている。定員は先着80名となっているので、気になる人は早めに応募しよう。

「ルームロンダリング」 (c)2018「ルームロンダリング」製作委員会

「ルームロンダリング」 (c)2018「ルームロンダリング」製作委員会[拡大]

なお「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」から誕生した映画には、長澤まさみと高橋一生の共演作「嘘を愛する女」や、池田エライザが主演を務める「ルームロンダリング」などがある。「ルームロンダリング」は7月7日より東京・新宿武蔵野館ほか全国にてロードショー。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ルームロンダリング / 嘘を愛する女 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。