映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アニゴジ第2章に上田麗奈、小澤亜李が出演!宮野真守「今までにないゴジラ映画」

445

東京・東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2018」にて、劇場アニメ「GODZILLA」シリーズの第2弾「GODZILLA 決戦機動増殖都市」のイベントが行われ、上田麗奈小澤亜李の出演が発表された。

虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当する同シリーズは、2万年もの間地球に君臨し続けてきたゴジラと、絶滅の縁に追い詰められた人類の戦いを3部作で描く物語。静野孔文と瀬下寛之が共同監督を務める。

イベントにはハルオ・サカキ役の宮野真守、メトフィエス役の櫻井孝宏、マーティン・ラッザリ役の杉田智和、アダム・ビンデバルト役の梶裕貴、ムルエル・ガルグ役の諏訪部順一が登壇。宮野を先頭にキャスト陣はゴジラのモノマネをしながらステージに。最後尾の諏訪部は「シン・ゴジラ」に登場する“第2形態”を模した四足歩行で登場し会場の笑いを誘う。

続いて新キャストの発表が行われ、2万年後の地球で生きる種族“フツア”の双子、マイナとミアナをそれぞれ演じる上田と小澤が壇上へ。オーディション時には双子役を1人で演じるか、2人で演じるか決まっていなかったという上田は「出演が決定したときも、配役は決まっていなかったんです」と明かす。小澤は「自分が生まれる前からあったシリーズに携われるのは光栄です。(収録が)プレスコなので緊張もあったけど、麗奈ちゃんとやれるなら大丈夫だなという安心感もありました」と話した。

また前作「GODZILLA 怪獣惑星」と比較し、「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は「もっと心情が揺れ動く作品になっている」と見どころを語る宮野。櫻井も「キャラクターたちのドラマが濃厚になっています」と同意し、梶も「1作品目よりもますます激しい戦いが繰り広げられるので、アクション好きにも楽しんでいただけるのではないかと思います」と続けた。

最後に宮野は「今までにないゴジラ映画になっていることは間違いないので、皆さまにこの思いが届けば」とコメント。また上田は、自身が演じるマイナについて「ゴジラに対する思いは人間たちと違う部分もあるので、それがどういうふうに転がっていくか」と語り、イベントは幕を閉じた。

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は、5月18日より全国でロードショー。なお「GODZILLA 怪獣惑星」のBlu-ray / DVDが、5月16日に発売される。

(c)2018 TOHO CO., LTD.

映画ナタリーをフォロー