映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゴジラVSイェーガー!?アニゴジ×パシリムのコラボビジュアル公開

323

GODZILLA 決戦機動増殖都市」と「パシフィック・リム:アップライジング」のコラボビジュアルが公開された。

これは両作の公開を記念して制作されたもので、アニメ「マクロス」シリーズのメカニカルアートや「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルのボックスアートで知られるイラストレーター・天神英貴が手がけた。ビジュアルには、歴代最大のゴジラ“ゴジラ・アース”と、新世代イェーガーであるジプシー・アベンジャー、セイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ガーディアン・ブラーボが描かれている。

天神は「これは責任重大」と述べながらも「人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです」と喜びを語った。また、アニメ「GODZILLA」シリーズの監督・静野孔文は両作のコラボについて「いつかスクリーンで本当に見てみたいですね」と期待を寄せ、瀬下寛之は「スティーヴン・S・デナイト監督に会った際に彼から感じた感覚……それは、『好きだゴジラ! 好きだ怪獣! 好きだ巨大ロボット!』です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!」とコメントした。

「パシフィック・リム:アップライジング」は4月13日、「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は5月18日より全国でロードショー。

天神英貴 コメント

これは責任重大。
何せゴジラと巨大ロボといえば、今となっては日本の伝統芸の様なもので、それを描く以上には大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目に晒されるからである。苦悩の本質は外見的な姿を描く以上に、その歴史ともいうべき精神世界をいかに一枚の限られたスペースに存在させられるか、そしてエネルギーに満ちた絵になるかということなのだが、、さて、そんなわけで、人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです。

静野孔文 コメント

アニメゴジラもパシリムも「怪獣映画」の側面もありながら、それに対峙する「人間ドラマ」が魅力的に描かれている作品だと思います。そんな作品同士が海を越えてコレボレーション、いつかスクリーンで本当に見てみたいですね。

瀬下寛之 コメント

魂ネイション2017の会場でスティーブン・S・デナイト監督に会った際に彼から感じた感覚……
それは、「好きだゴジラ! 好きだ怪獣! 好きだ巨大ロボット!」です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!

映画ナタリーをフォロー