映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

満島ひかりがフリーに、元所属事務所の社長は「今後ともできるかぎりのサポートを」

1229

2017年11月、第9回TAMA映画賞の授賞式に出席した満島ひかり。

2017年11月、第9回TAMA映画賞の授賞式に出席した満島ひかり。

女優の満島ひかりが、芸能事務所・ユマニテを退社し、フリーとして活動を開始することがわかった。

これはユマニテの公式サイトにて発表されたもの。サイトでは、ユマニテ代表取締役・畠中鈴子の「ここにきて一度立ち止まりこれからを考えてゆこうと話し合う過程で双方誠実に向き合い生まれた結論です。プロダクションという枠に守られる形ではなく、すべて自分の責任のもと自由に独りでやってみたいという本人の意思を尊重することにいたしました」「所属という形ではなくなりますが、今後ともできるかぎりのサポートを続ける所存です」というコメントが掲載されている。

2017年には「海辺の生と死」と「愚行録」で第9回TAMA映画賞の最優秀女優賞を受賞し、「海辺の生と死」で第72回毎日映画コンクール女優主演賞にもノミネートされた満島。さらにドラマ「カルテット」に世吹すずめ役で出演したほか、劇場アニメ「メアリと魔女の花」で声優を務め話題を集めていた。

畠中鈴子(ユマニテ代表取締役)コメント

このたび、満島ひかりが 弊社の所属を離れ、フリーとして活動をしてゆくことに
なりましたことを お知らせいたします。

映画、ドラマ、舞台など 素晴らしい作品に恵まれ、また それらの作品に
真剣に取り組み続け、走り続けてきた 満島ひかりですが、
ここにきて 一度 立ち止まり これからを考えてゆこうと
話し合う過程で 双方誠実に向き合い生まれた 結論です。

プロダクションという枠に守られる形ではなく、
すべて 自分の責任のもと 自由に 独りでやってみたいという
本人の意思を尊重することにいたしました。

と同時に これまでとは全くちがう環境の中で
満島ひかりは 未知の壁に直面するでしょう。
また 様々な経験を重ねることになると思います。

そのことが、更に素晴らしい表現者としての 満島ひかりの成長に
つながることを 期待しています。

所属という形ではなくなりますが、今後とも できるかぎりのサポートを
続ける所存です。

満島ひかりの 今後をどうぞ よろしくお願いいたします。

映画ナタリーをフォロー