映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

リドリー・スコット新作の邦題が「ゲティ家の身代金」に決定、ポスター&公開日解禁

148

リドリー・スコットの最新作「All the Money in the World」が「ゲティ家の身代金」の邦題で5月25日に公開されることが明らかに。あわせてポスタービジュアルが解禁された。

本作は1973年に起きた、アメリカの石油王ジャン・ポール・ゲティの孫ポールの誘拐事件を描く実録サスペンス。孫の身代金1700万ドルの支払いをゲティが拒否したことで知られる同事件の顛末が活写される。ポールの母親ゲイルをミシェル・ウィリアムズ、ゲティをクリストファー・プラマーが演じたほか、マーク・ウォールバーグロマン・デュリスらも参加。なおプラマーは第90回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。

※「ゲティ家の身代金」はR15+指定作品

(c)2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー