映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「亜人」コメンタリーで佐藤健「一生の不覚」と懺悔、綾野剛ら共演陣も参加

772

「亜人」ビジュアルコメンタリー収録の様子。左から本広克行、城田優、佐藤健、綾野剛、川栄李奈。

「亜人」ビジュアルコメンタリー収録の様子。左から本広克行、城田優、佐藤健、綾野剛、川栄李奈。

亜人」のBlu-ray / DVDが、4月18日に発売される。このたび豪華版の特典ディスクに収録されるビジュアルコメンタリーの撮影が行われ、キャストの佐藤健綾野剛城田優川栄李奈、監督の本広克行が参加した。

桜井画門の同名マンガを実写化した本作は、不死身の新人類“亜人”である主人公・永井圭と、国家転覆を謀る亜人のテロリスト・佐藤の攻防を描いたサバイバルサスペンス。佐藤が圭、綾野が佐藤を演じ、城田は佐藤率いる亜人テログループの1人・田中、川栄は厚生労働省の職員・下村泉に扮した。

収録に参加した面々は本編ダイジェストや未公開映像を観ながら、撮影中の裏話やこだわりのポイントなどを解説。佐藤は永井の妹・慧理子役の浜辺美波とのエピソードに触れ、「手を取って逃げ出すシーンで1回美波ちゃんがめっちゃ転んじゃって、一生の不覚でした。転ばせてしまったこともそうだし、本番中に素に戻っちゃって、あわあわしてしまった」と撮影中のハプニングを振り返ってざんげする。

佐藤、綾野、城田は激しいアクションシーンの撮影のため、摂生していたという。プロデューサーから「撮影が終わって最初に何を食べた?」と聞かれると、綾野は「ラーメンです。本当に嘘なしでラーメンがキラキラしたんですよ。なんでキラキラしたかっていうと、俺泣いてたんだよね」と食事制限から解放された感動を報告。また城田が「川栄ちゃんはカットとカットの合間にタマゴボーロを食べていました」と明かすと、川栄は「横でブロッコリーとかを食べられている中だったので」と摂生中の城田の前で菓子を食べることに罪悪感を感じている様子だった。

豪華版の特典ディスクには、完成披露や初日舞台挨拶などの模様を収めたイベント映像や、メイキング映像も収録される。

(c)2017映画「亜人」製作委員会 (c)桜井画門/講談社

映画ナタリーをフォロー