ミヒャエル・ハネケ「ハッピーエンド」、ある家族3世代を捉えた新写真公開

144

ミヒャエル・ハネケ監督作「ハッピーエンド」より新たな場面写真6枚が公開された。

「ハッピーエンド」よりイザベル・ユペール演じるアンヌ。

「ハッピーエンド」よりイザベル・ユペール演じるアンヌ。

大きなサイズで見る(全9件)

「ハッピーエンド」よりジャン=ルイ・トランティニャン演じる家長のジョルジュ。

「ハッピーエンド」よりジャン=ルイ・トランティニャン演じる家長のジョルジュ。[拡大]

ヨーロッパの難民問題を背景に、フランス北部の町カレーに家族3世代で暮らすロラン一家の姿が描かれる本作。両親の離婚により家族と離れて暮らしていた娘エヴは、父親トマと一緒に暮らすため、祖父ジョルジュたちの住むカレーに呼び寄せられる。ジョルジュをジャン=ルイ・トランティニャン、ジョルジュの娘アンヌをイザベル・ユペールが演じた。なお、この2人はハネケの監督作「愛、アムール」に引き続き父娘役での出演となる。

「ハッピーエンド」よりファンティーヌ・アルドゥアン演じるエヴ。

「ハッピーエンド」よりファンティーヌ・アルドゥアン演じるエヴ。[拡大]

「ハッピーエンド」よりマチュー・カソヴィッツ演じるトマ。

「ハッピーエンド」よりマチュー・カソヴィッツ演じるトマ。[拡大]

そのほかアンヌの息子ピエールにフランツ・ロゴフスキ、アンヌの弟トマにマチュー・カソヴィッツ、トマの若い妻アナイスにローラ・ファーリンデン、トマと元妻の娘で14歳になるエヴにファンティーヌ・アルドゥアンが扮した。

このたび公開された写真には、家長のジョルジュをはじめとした一家6人の姿がそれぞれ切り取られている。

「ハッピーエンド」は、3月3日より東京・角川シネマ有楽町ほか全国にてロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

ミヒャエル・ハネケのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE - ORF Tous droits reserves

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ハッピーエンド / ミヒャエル・ハネケ / イザベル・ユペール / ジャン=ルイ・トランティニャン / フランツ・ロゴフスキ / マチュー・カソヴィッツ / ファンティーヌ・アルドゥアン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。