ミヒャエル・ハネケが連続テレビドラマを制作、近未来を舞台にしたディストピア

142

最新作「ハッピーエンド」の公開を3月3日に控えるミヒャエル・ハネケが連続テレビドラマを制作すると、Indiewireなどが報じた。

ミヒャエル・ハネケ(写真提供:Dave Bedrosian / Geisler-Fotopress / picture alliance / Geisler-Fotop / Newscom / ゼータ イメージ)

ミヒャエル・ハネケ(写真提供:Dave Bedrosian / Geisler-Fotopress / picture alliance / Geisler-Fotop / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

近未来の世界を舞台とする全10話のドラマのタイトルは「Kelvin's Book」。緊急着陸した飛行機に乗っていた若者たちが、自分たちの住む国の実態を外から見て初めて知るというディストピア作品になる。

ハネケは「これまで、10本のテレビ映画と12本の劇場映画を監督してきた。ここらで私は、もっと長尺の物語を一度作ってみたくなったんだ」とコメントしている。

「Kelvin's Book」の放送時期などは未定。ドイツの映画会社ウーファが製作に携わる。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

関連記事

ミヒャエル・ハネケのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ハッピーエンド / ミヒャエル・ハネケ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。