映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

森繁久彌や藤山寛美の出演作など5本、1960年代の喜劇映画を集めた特集開催

44

「新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち」と題した特集上映が、1月18日から22日まで兵庫・神戸アートビレッジセンターにて行われる。

これは、関西の芸人・喜劇役者を中心に1960年代の喜劇映画5本を上映するもの。ラインナップには、藤山寛美の主演舞台を映画化した人情喜劇「親バカ子バカ」、コメディ番組を映画化した大村崑の主演作「番頭はんと丁稚どん」、森繁久彌伴淳三郎フランキー堺三木のり平らが集結した「喜劇 駅前温泉」などが並ぶ。

さらに、1月20日には「懐かしいコメディアン」と題したトークイベントを開催。NHK連続テレビ小説「わろてんか」の漫才部分を担当する漫才作家・放送作家の大池晶がゲストとして登壇する。こちらもあわせてチェックしてみては。

スケジュールの詳細は神戸アートビレッジセンターの公式サイトを確認してほしい。

新春!ニッポンの喜劇映画セレクション~日本の笑いのルーツを作った喜劇人たち

2018年1月18日(木)~22日(月)兵庫県 神戸アートビレッジセンター
<上映作品>
親バカ子バカ
番頭はんと丁稚どん
てなもんや東海道
スチャラカ社員
喜劇 駅前温泉
料金:1100円均一 / 3回券 3000円
※トークイベントのみの参加は500円(本特集上映作品の半券提示で入場無料)

トークイベント「懐かしいコメディアン」

2018年1月20日(土)
開演 16:30
<登壇者>
大池晶

映画ナタリーをフォロー