映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

森繁久彌

モリシゲヒサヤ

早大在学中からアマチュア演劇に熱中し、大学を中退。1936年東京宝塚劇場(のち東宝)に入り、舞台役者となるが、端役が続いた。1939年NHKのアナウンサーとなり、満州に渡る。戦後、帰国し、1947年映画デビューを果たす。1952年の「三等重役」がヒットし、以後、“駅前”“社長”シリーズなどで喜劇俳優として人気を得る。ミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』では900回出演という記録を作った。

(C) PIA

森繁久彌のニュース

映画ナタリーをフォロー