映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「南瓜とマヨネーズ」太賀の生歌にオダギリジョーが「役者にしとくのもったいない」

261

「南瓜とマヨネーズ」初日舞台挨拶の様子。

「南瓜とマヨネーズ」初日舞台挨拶の様子。

南瓜とマヨネーズ」の初日舞台挨拶が、本日11月11日に東京・新宿武蔵野館にて開催され、キャストの臼田あさ美太賀オダギリジョー、監督の冨永昌敬が登壇した。

魚喃キリコの同名マンガを実写化した本作は、ミュージシャン志望の恋人・せいいちと、昔の恋人・ハギオの間で揺れる女性ツチダの姿を描く恋愛劇。ツチダを臼田、せいいちを太賀、ハギオをオダギリが演じている。

本編上映後、まず1人でステージに上がった臼田。男性キャラ2人のどちらを好きか聞かれた観客の多くがせいいちと答えると、「私はどっちもいやですけどね。私が演じたツチダは実はそんなに大した女性ではなくて、2人の男性も実はしょうもないけど、男と女はしょうもなくても惹かれ合うものだと思ってます」とコメントする。

続いて、太賀、オダギリ、冨永も登壇。冨永は、完成版を観た魚喃の反応を「すごく喜んでくれました。彼女は僕の少し先輩で、僕からしたら師匠のような存在です。そんな師匠のマンガを映画化することへの緊張があったんですけど、魚喃さんからは『好きにやってくれ』と言われていた」と話す。

数少ないオダギリとの共演シーンについて、太賀は「楽しみで仕方なかったです。『オダギリさんと絡める、一緒にフレームに映れる』という喜びがありました」と振り返る。一方オダギリは「太賀くんが部屋の隅っこでギターを弾きながら待っていて、『おおー、すげーな』って思ったことを覚えてます。ギター弾いて待つって、すごくないですか!? ミュージシャン役なので、誠実な行為だとは思うのですが、あの日はとにかく驚きました」と回想した。

ここで、ラストシーンにてやくしまるえつこの書き下ろし挿入歌「ヒゲちゃん」を歌っている太賀が、同曲を生披露することに。自前のアコースティックギターを弾きながら歌唱した太賀を見て、臼田は「なんだか親のような気持ちで見守ってしまいました。太賀くんの歌はピュアでまっすぐだと思っていつも聴いていました」と、オダギリは「やっぱりすごいですよね。ギターもうまいですし、あんなきれいな声は普通出せないし。役者にしとくのがもったいないぐらいですよ」と絶賛する。太賀はそのラストシーンを「それまでのせいいちを総括するシーンだと思うんですけど、本番直前にツチダを目の前にしたときに『あ、俺はこの人のために歌うんだ』と素直に思うことができた」と述懐した。

最後に臼田が「この場をお借りして、原作者である魚喃キリコさんにも心から感謝したいと思います。いつかお会いできることがありましたら、抱きしめ合いたいです!」と語り、舞台挨拶は終了した。

(c)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

映画ナタリーをフォロー