母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでも

カアサンガドンナニボクヲキライデモ

2018年11月16日(金)公開 / 上映時間:104分 / 製作:2018年(日本) / 配給:REGENTS

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

解説 歌川たいじによる同名コミックエッセイを映画化した人間ドラマ。親から愛されなかった青年が、壮絶な過去を乗り越えた奇跡の実話を描く。児童虐待というテーマに真摯に挑んだのは、『海を駆ける』をはじめさまざまなジャンルで大活躍の太賀と、人気実力派女優の吉田羊。監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修が務めた。

ストーリー 小さい頃から母、光子に愛されないまま育ったタイジは、17歳で家を飛び出し、ひとりきりで生きてきた。しかしある日、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟を決める。大人になっても自分を拒絶する光子だったが、そんな光子にタイジは必死に立ち向かう。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:御法川修
原作:歌川たいじ

キャスト

タイジ:太賀
光子:吉田羊
キミツ:森崎ウィン
大将:白石隼也
カナ:秋月三佳
タイジ(幼少期):小山春朋
斉藤陽一郎
婆ちゃんの弟:おかやまはじめ
婆ちゃん:木野花

母さんがどんなに僕を嫌いでもの画像