映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

津田寛治と駒井蓮がW主演、直木賞作家・道尾秀介原案の「名前」公開

330

「名前」の出演者。上段左から勧修寺保都、松本穂香、金澤美穂、筒井真理子、西山繭子、田村泰二郎。中段左から比嘉梨乃、駒井蓮、小槙まこ、波岡一喜、津田寛治、川瀬陽太。下段左から真広佳奈、戸畑心、柿本朱里、木嶋のりこ、内田理央、池田良。

「名前」の出演者。上段左から勧修寺保都、松本穂香、金澤美穂、筒井真理子、西山繭子、田村泰二郎。中段左から比嘉梨乃、駒井蓮、小槙まこ、波岡一喜、津田寛治、川瀬陽太。下段左から真広佳奈、戸畑心、柿本朱里、木嶋のりこ、内田理央、池田良。

津田寛治駒井蓮がダブル主演を務める「名前」が、2018年初夏から東京・新宿シネマカリテほか全国で公開されることがわかった。

「名前」は、直木賞作家・道尾秀介が原案を書き下ろし、「ねこにみかん」「狂い華」の戸田彬弘が監督を務めるミステリアスな人間ドラマ。経営していた会社が倒産したため素性を隠して暮らす中年男・正男と、正男の前に突然現れ、彼を「お父さん」と呼ぶ女子高生が家族のような時間を過ごしていくさまが描かれる。正男を津田が演じ、不思議な女子高生・笑子に「心に吹く風」、現在放送中のドラマ「先に生まれただけの僕」の駒井が扮する。さらに、筒井真理子松本穂香勧修寺保都金澤美穂比嘉梨乃真広佳奈、小槙まこ、戸畑心、柿本朱里、アベラヒデノブ木嶋のりこ内田理央池田良川瀬陽太西山繭子波岡一喜田村泰二郎が脇を固める。

津田は「『名前』には、舞台となった茨城の匂いがします。無機質で寂しい場所だけれど、何故か優しく温かい。悲しげな目をしているけれど、何故か一緒にいて安心する。そんな、この作品でしか感じられない茨城が、今回東京で披露されると聞いて、照れくさくも嬉しい気持ちです」とコメント。駒井は「今回、津田さんとダブル主演という形でやらせて頂き、今までにないプレッシャーと、自分の力不足を痛感することが沢山ありました。でも、戸田監督の1つ1つの言葉を道しるべに、茨城という地で、人と人の間で生まれ感じたもの、そして今ある私の全てを詰め込んだ、そんな作品になりました」と思いを語る。

戸田は「直木賞作家でもある道尾秀介さんの原案を、どう映画化するかという話し合いは非常に楽しいものでした。ミステリーとヒューマニズムを混在させながら、『名前』を偽ることを主にしたドラマを更に深める為に、演劇をモチーフに使用させて頂きました」とコメントを寄せた。

津田寛治 コメント

「名前」には、舞台となった茨城の匂いがします。学校。駅。真夜中の道。朝焼け。観光名所や名物が出てくるわけではないのに、茨城という場所の影響を感じずにはいられません。無機質で寂しい場所だけれど、何故か優しく温かい。悲しげな目をしているけれど、何故か一緒にいて安心する。そんな、この作品でしか感じられない茨城が、今回東京で披露されると聞いて、照れくさくも嬉しい気持ちです。僕たちが描いたこの不思議な場所の物語を、一人でも多くの人に観て頂きたいです。

駒井蓮 コメント

やっと、皆さんにこの作品をお届けできることとなり本当に嬉しいです。
今回、津田さんとダブル主演という形でやらせて頂き、今までにないプレッシャーと、自分の力不足を痛感することが沢山ありました。でも、戸田監督の1つ1つの言葉を道しるべに、茨城という地で、人と人の間で生まれ感じたもの、そして今ある私の全てを詰め込んだ、そんな作品になりました。家族、友達、愛、色んな事がテーマになっているので、全ての年代の方に観て頂きたいです。是非、劇場に足をお運びください。

戸田彬弘 コメント

本作は、大好きな役者である津田寛治さんと、撮影中どんどん大人の顔つきに変貌して周囲を驚かせたフレッシュな駒井蓮さんと、沢山話し合いながら創り上げた個人的に思い入れが深い作品です。直木賞作家でもある道尾秀介さんの原案を、どう映画化するかという話し合いは非常に楽しいものでした。ミステリーとヒューマニズムを混在させながら、「名前」を偽ることを主にしたドラマを更に深める為に、演劇をモチーフに使用させて頂きました。駒井さんが後半変貌するシーンでは、あの有名なロシアのA・チェーホフ作「三人姉妹」のイリーナの名台詞を引用させて頂いています。あの台詞をあのレベルで喋れる駒井さんに魅入ってしまったことは今も鮮明に覚えています。

道尾秀介 コメント

無償の仕事に全力投球するというのは、なかなか難しいことです。でも、この映画の製作に関わった人たちがみんな、その難しいことをやっているのを、僕は目の当たりにしました。そして僕自身も他の方々と同じように、それができたと思っています。笑子の学校生活などは、脚本を担当した守口悠介さんが追加してくれたもので、僕の原案には書いてありませんでした。あれらのシーンのおかげで、僕が最初に想定していたものよりも、さらに広い方々の心に届く物語になってくれたと感じています。

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー