映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

藤原竜也×伊藤英明「22年目の告白」に夏帆、野村周平、竜星涼らが出演

340

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」の追加キャスト。上段左から夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一。下段左から平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル。

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」の追加キャスト。上段左から夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一。下段左から平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル。

藤原竜也伊藤英明が初共演した「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」に、夏帆野村周平竜星涼らが出演していることがわかった。

「SRサイタマノラッパー」シリーズの入江悠がメガホンを取った本作は、22年前に起きた未解決連続殺人事件の犯人を名乗る男と刑事の攻防を描くサスペンス。“殺人手記”を出版する美しき殺人犯・曾根崎雅人を藤原が、彼を追い続けてきた刑事・牧村航を伊藤が演じた。

夏帆が演じたのは、22年前の事件の被害者遺族・岸美晴。そして野村は牧村の妹の恋人である小野寺拓巳役、竜星は牧村の後輩の刑事・春日部信司役を務める。夏帆は「入江さんの何気ない一言にハッとなる瞬間がたびたびあり、とても充実感のある現場でした」と撮影を振り返る。野村は「藤原さんや伊藤さんをはじめとする先輩方と一緒に作り上げた作品をぜひ楽しみにしていてください!」と、竜星は「入江組は初めてでしたが、監督と細かく話し合いながら、熱い夏にあつい男を作っていきました」とコメントを寄せた。

また牧村の妹・里香に石橋杏奈、橘組の若手構成員・戸田丈に早乙女太一が扮する。そのほか牧村の上司で22年前に殺された滝幸宏役で平田満、22年前に妻を殺された医師・山縣明寛役で岩松了、橘組の組長で22年前に恋人を亡くした橘大祐役で岩城滉一、連続殺人事件の真相を追うジャーナリスト仙堂俊雄役で仲村トオルが出演に名を連ねる。

「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」は、6月10日より全国ロードショー。

夏帆 コメント

入江さんとは、以前ドラマでご一緒したときから、いつかまた、今度は映画でお仕事がしたいとずっと思っていました。なので今回、念願叶って、というわけです。役柄上、はしゃぎだしたい気持ちをおさえながらも、入江さんの何気ない一言にハッとなる瞬間がたびたびあり、とても充実感のある現場でした。
登場人物の複雑な想いが交差して、手に汗にぎるラストが待ちかまえています。ぜひ、楽しみにしていてください。

野村周平 コメント

牧村刑事の妹・里香の恋人、小野寺拓巳役を演じました。台本を読ませていただいて、ラストになるにつれてどういう展開が待っているのだろうととてもドキドキしましたし、これを映像にしたら一体どうなるのかと僕自身気になって仕方がありませんでした。藤原さんや伊藤さんをはじめとする先輩方と一緒に作り上げた作品をぜひ楽しみにしていてください!

石橋杏奈 コメント

伊藤さん演じる牧村刑事の唯一の家族、妹の牧村里香を演じました。
今はまだ言えないようなハードな撮影の連続でしたが、私自身、毎回現場に行ってお芝居するのが楽しかった作品です。きっとスリルいっぱいの作品になっていると思います。私も楽しみです。

竜星涼 コメント

擦れてなくて、自分の正義に真っ直ぐ熱いルーキーな春日部という男に脚本を読んだとき惚れました。この男を演じたいと、観る人が思うことを一番に代弁したいと強く思いオーディションに行きました。入江組は初めてでしたが、監督と細かく話し合いながら、熱い夏にあつい男を作っていきました。常にバディとして一緒のシーンが多かった伊藤英明さんには、主役としての責任感や役に対する向き合い方など沢山の事を学ばさせていただきました。

早乙女太一 コメント

この2年前くらいから入江監督とやらせていただいていて、きっとその流れで監督が呼んでくださったと思いますが、まずはそのことがうれしいですし、それに対してちゃんと応えれるようにしたいなという思いでオファーを受けました。セリフがほとんどなく、ずっと走っていて、前の作品でもずっと走っている役だったので、入江監督から求められていることは、もしかしたら芝居ではなくて俺の脚なのかなと(笑)。出てくる人たちが過去にものすごく深い傷を負っていて、僕もその一人で、その自分の受けた傷がそれぞれの狂気になっていて、僕が出て来るときは常にその狂気を表に出すシーンが多かったので、短い撮影だったんですが、すごく濃く印象に残っています。撮影の環境自体もよくて、監督をはじめ伊藤さんやキャストみんなが強い思いでこの作品を作っているということを、短い撮影の中で、ものすごく強く感じた現場でした。また新たな役に挑戦させていただきましたので、たくさんの方に見ていただきたいです。

平田満 コメント

「22年目の告白」のお話をいただき、すぐに台本を読みました。面白い話だし、ストーリーも予測がつかないし、とてもユニークな脚本だと感心しました。どんな映画になるかという興味もあり、ぜひとも撮影に参加したいと思いました。撮影は夏でしたが、いやあよく走りました! 刑事ものってこれだよなあ、と思って若い気で全力疾走しました。ところが哀しいかな年ですね、何日間か走ってるうちに頑張りすぎて肉離れを起こしてしまいました。実は短い場面なんですが、どこで肉離れを起こしたか当ててみるのもおもしろいかもしれませんよ。

岩松了 コメント

入江監督の映画に出演するのは「サイタマノラッパー2」以来だったので久しぶりにご一緒できてうれしかったです。撮影中はなんと言っても雨の中のシーンが大変でした! 縛られてて動けないし、暑い日だったのに最後は震えが止まりませんでした。まだ出来上がりを観ていないのですが、現場の印象から《男っぽい映画》になってるんじゃないかと期待しています。

岩城滉一 コメント

1995年の連続殺人事件で大切な人を奪われた男、橘大祐を演じさせて頂きました。犯人への抑えきれない復讐心を持ち続けて生きてきた男です。先日、一足先に映画を鑑賞したのですが、大変素晴らしい作品に興奮しました。ぜひご期待ください。

仲村トオル コメント

入江監督の「太陽」という作品が大好きだったのですが、夜の撮影は「大体、太陽が見えるまで」という噂を聞いていたので、ほとんどの出番が屋内のシーンの自分は「いつまでも撮れてしまうな……」と戦々恐々でした。実際の撮影は、いろいろな意味で難易度の高いものでしたが、結果、クオリティの高い作品になったと思います。ぜひ、また入江組に参加したいです。

(c)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

映画ナタリーをフォロー