写真展「シネマ・ヨコハマ」開催、「月曜日のユカ」など横浜舞台の映画スナップも

144

「フォト・ヨコハマ PRESENTS『シネマ・ヨコハマ』」と銘打ったイベントが、明日2月15日より神奈川・横浜市民ギャラリーにて開催される。

「映画の中のヨコハマ」展示例 (c)日活

「映画の中のヨコハマ」展示例 (c)日活

大きなサイズで見る(全4件)

「MAGNUM CINEMA」展示例 (c)Hollywood, 1946  Robert Capa (c) ICP / Magnum Photos

「MAGNUM CINEMA」展示例 (c)Hollywood, 1946 Robert Capa (c) ICP / Magnum Photos[拡大]

これは、1月から横浜市内で開催されているイベント「フォト・ヨコハマ」内の1企画。地下1階で開催される「MAGNUM CINEMA」では、1947年に結成された写真家集団マグナム・フォトが、名画の撮影現場を記録した写真を展示。「七年目の浮気」のマリリン・モンローや「理由なき反抗」のジェームズ・ディーンのほか、グレース・ケリーオードリー・ヘプバーン、そしてマグナムのロバート・キャパと恋仲だったというイングリッド・バーグマンの姿も収められた。

「フォト・ヨコハマ PRESENTS『シネマ・ヨコハマ』」チラシ表面

「フォト・ヨコハマ PRESENTS『シネマ・ヨコハマ』」チラシ表面[拡大]

1階で展開される「映画の中のヨコハマ」では、1950年代から1960年代に日活が横浜で撮影した映画の宣伝スチールや、現場のスナップなどを紹介。石原裕次郎主演の「赤いハンカチ」「俺は待ってるぜ」、加賀まりこ主演の「月曜日のユカ」、小林旭主演の「黒い傷あとのブルース」などから写真が集められている。

そのほか神奈川のシネマ・ジャック&ベティでは、同イベントと連携した上映「フォトグラファーズ・シネマ」を実施。2月18日から、写真家が登場する映画「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」「ホームレス ニューヨークと寝た男」の2本をスクリーンにかける。

フォト・ヨコハマ PRESENTS「シネマ・ヨコハマ」

2017年2月15日(水)~26日(日)神奈川県 横浜市民ギャラリー
開館時間 10:00~18:00 ※入館は17:30まで
※2月20日(月)は休館
料金:無料

フォトグラファーズ・シネマ

2017年2月18日(土)~3月3日(金)神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ
<上映作品>
「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」
「ホームレス ニューヨークと寝た男」
料金:一般 1800円 / 学生 1500円 / シニア 1100円 / 高校生以下 1000円

この記事の画像(全4件)

関連記事

マリリン・モンローのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 黒い傷あとのブルース / フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク / 赤いハンカチ / 理由なき反抗 / ホームレス / 七年目の浮気 / 月曜日のユカ / 俺は待ってるぜ / マリリン・モンロー / ジェームズ・ディーン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。