イングリッド・バーグマン

イングリッドバーグマン

演劇学校を卒業し、映画デビュー。「間奏曲」(1936)で注目され、ハリウッドに招かれる。1950年に妻のあるロベルト・ロッセリーニのもとに走り、アメリカ映画界から追放されるが、1956年に復帰。「ガス燈」(1944)と「追想」(1956)でアカデミー主演女優賞、「オリエント急行殺人事件」(1974)で同助演女優賞に輝いた大女優。ロッセリーニとの間に生まれた、イザベラ・ロッセリーニも女優として活躍している。

情報提供:ぴあ

関連する画像