「君と100回目の恋」坂口健太郎がmiwaに「ライブ観に行きます」

136

君と100回目の恋」の舞台挨拶が2月12日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストのmiwa坂口健太郎、監督の月川翔が登壇した。

「君と100回目の恋」舞台挨拶。左から月川翔、miwa、坂口健太郎。

「君と100回目の恋」舞台挨拶。左から月川翔、miwa、坂口健太郎。

大きなサイズで見る(全16件)

「君と100回目の恋」ポスタービジュアル

「君と100回目の恋」ポスタービジュアル

「君と100回目の恋」は、事故で命を失う大学生・日向葵海と、彼女を救うためにタイムリープを繰り返す長谷川陸を軸にしたラブストーリー。miwaが葵海、坂口が陸を演じた。

「君と100回目の恋」舞台挨拶。左から月川翔、miwa、坂口健太郎。

「君と100回目の恋」舞台挨拶。左から月川翔、miwa、坂口健太郎。

映画が公開してからさまざまな感想を聞くという主演の2人。miwaは「隣の席で映画を観ていた女の子が鼻をすすりながらお菓子を食べていたときに、女の子は同時にいろいろなことができるんだなあと思いました!」と話す。坂口は「公開から1週間ほど経って感想やメッセージをもらうんですけど、本当に世代の幅が広いなあと感じますね。33歳の会社員の方から「すごいよかったです!」という感想をいただいたり、夫婦の方から『面白かったです』と言われたり、いろんな人にこの映画が広がっているんだなと感じています」と感慨深そうに語る。そしてmiwaは「舞台挨拶をやっていると女の子が多く見えるんですけど、意外と男性のお客様も多いと聞いていて本当にうれしいなあと思っています」と感謝を示した。

涙を流す観客が多いと聞いた坂口は「僕が演じる陸くんはいろんなものに壁を作っている人物なんですけど、直哉(The STROBOSCORPのメンバー)に『やっとお前のカッコ悪いところ見れたよ』と言われるシーンはお芝居なのにグッときてしまいましたね」と明かす。来場者の「ライブシーンに感動した」という言葉を受けたmiwaが「今後自分のツアーとかでもこの映画で作った曲は歌っていきたいと思っているので、ありがとうございます!」と笑顔を見せると、坂口は「僕もライブ観に行きます! 監督一緒にどうですか? 監督と一緒に観に行きます!」と宣言した。

この記事の画像(全16件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2017「君と100回目の恋」製作委員会