映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「君と100回目の恋」“一途男子”坂口健太郎、頭ポンしてファンの願い叶える

2369

「君と100回目の恋」完成披露舞台挨拶の様子。

「君と100回目の恋」完成披露舞台挨拶の様子。

君と100回目の恋」の完成披露舞台挨拶が、本日12月12日に東京・よみうりホールにて開催され、キャストのmiwa坂口健太郎竜星涼真野恵里菜泉澤祐希、監督の月川翔が登壇した。

本作は、事故で命を失う大学生・日向葵海と、彼女を救うためにタイムリープを繰り返す長谷川陸を軸にしたラブストーリー。葵海をmiwaが、陸を坂口が演じた。

本作で映画初主演を務めたmiwaと坂口。miwaは「主演と同時に、主題歌や挿入歌を書くという大きなチャンスもいただきました。撮影前に葵海の気持ちを汲み取って曲を書いたので、曲作りが役作りにもなっていたんだなと感じました」と振り返る。坂口は初めてのギター演奏に苦戦したそうで「本当にゼロの状態からのスタートだったんですけど、映画の中ではすごくうまい役だったんです。miwaにいろいろ聞きました」と話す。しかし彼女を呼び捨てにしたことに興奮した観客がザワつき、坂口を照れさせた。

竜星が演じた直哉は、葵海に片思いしながらその友人・里奈に思いを寄せられるという役どころ。竜星は「おいしい役、ありがとうございます! 普段はたいてい片思いが実らない役なので、思ってくれる人がいると心強いなって思います」と笑顔に。里奈役の真野を見やるがスルーされ、「なんだよ、それ! 話が違うじゃないか!(笑)」と慌て始める。一方真野は「竜星くんがふざけすぎてNGになったり、変顔しててNGになったり……(笑)。一番場を和ませてくれたし、みんなの架け橋になってくれました」と回想した。

本作の陸が“一途男子”であることから、女性キャストの2人へ「一途男子にやってほしいことは?」と質問が。miwaが「陸はずっと葵海を見ているので、一途男子はささいなことにも気付いてくれるんじゃないかな」と言うと、坂口は「そうですね。小さい変化にも気付いていかないと……」となぜか声まで小さくなる。そして真野が「疲れて仕事から帰ったときに、不器用な一途男子がごはん作って、おかえりって言ってくれたらうれしい」と答えると、坂口は「まずフライパンを買うところから始めたいです」と初歩的な発言。そんな中、竜星が「祐希さんは……?」と無茶振りし、泉澤が「やっぱり激しくキスされたいですかね!」と言って笑いを起こした。

ここで公式サイトにて「一途男子にやってほしいこと」を応募したファンの中から、月川が選んだ3人がステージへ上がる。さらにmiwaがくじを引き、当たった1人の願いを坂口が実践することに。「『寒いねー』ってマフラーを巻いて、頭をポンポンされたい」と書いたファンが当選し、大勢の観客が見守る中、坂口がそれを実演する。当選者に頭ポンを終えると、坂口は最後に「失礼しました!」とお辞儀した。

イベントの締めくくりには、miwaが「過去や未来にとらわれず、今を全力で生きる、そんな映画になっていると思います」とアピール。坂口は「僕がこの映画を観たとき、皆さんに恋をしてほしいと思ったんです。今お相手がいる方は、いるっていうのがすごいことなんだと感じて大事にしてほしい。恋をしたくなるし、バンドもやりたくなる、素晴らしい作品を皆さんに観てもらうのがすごく楽しみです!」とコメントした。

「君と100回目の恋」は2月4日より全国でロードショー。

(c)2017「君と100回目の恋」製作委員会

映画ナタリーをフォロー