映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

miwaと坂口健太郎が「君と100回目の恋」初日に感無量、「全身全霊を込めて作った」

351

「君と100回目の恋」初日舞台挨拶の様子。

「君と100回目の恋」初日舞台挨拶の様子。

君と100回目の恋」の初日舞台挨拶が本日2月4日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストのmiwa坂口健太郎竜星涼真野恵里菜泉澤祐希、監督の月川翔が登壇した。

「君と100回目の恋」は、事故で命を失う大学生・日向葵海と、彼女を救うためにタイムリープを繰り返す長谷川陸を軸にしたラブストーリー。miwaが葵海、坂口が陸を演じる。

miwaは葵海について「常に一生懸命で、一瞬一瞬をすごく大事にしている女の子です。元気いっぱいなところは自分と共通する部分なのかな」と述懐。また撮影を振り返りながら「陸みたいに一途男子の幼なじみが周りにいないので、『陸って私のこと好きなの?』って聞くシーンが難しかったです」と述べ、マネージャーを相手にセリフの練習をしていたことを明かす。坂口が「マネージャーさんはそれに対して「好きだよ」って答えるの?」と聞くと、miwaは「言わないよ!(笑)」と否定した。

坂口は「初めてギターに挑戦したんですけど、すごく難しかったです。ギターに集中すればいいのか、歌に集中すればいいのかわからないんですよね。しかも葵海のほうにも目線を向けなきゃいけないし」と撮影時の苦労を吐露。自身の役作りに関しては「陸ってクールで完璧に見えるんですけど、実はチャーミングな部分もあって。その振り幅をどう表現するかは監督と話し合いながら固めていきました」と振り返った。

ここで本作のタイトルにちなみ、「人生を100回繰り返しても守りたいものはなんですか?」という質問が登壇者たちに飛ぶ。竜星は「この映画の通り、やっぱり一途男子ですかね」と回答するも、観客たちの反応は薄く、「え、駄目? ちゃんとしたこと言ってますよ?」と会場の笑いを誘う。さらに坂口が「100回繰り返す前に守るかな」と答えると、miwaは「よくわかんない(笑)」と笑顔に。そしてmiwaが「100回人生を繰り返しても、こうしてまたこの映画の初日を迎えたいです」と、月川が「奥さんと子供です」と力強く述べると、観客席からは大きな拍手が送られた。

最後にmiwaは「ストーリーも音楽も全身全霊を込めて作りました。皆さんの心に響くものになればうれしいです」としみじみ語り、坂口は「キャストやスタッフが育て上げてきたものをこうして観ていただけることが幸せです。100回は時間的に厳しいと思いますが、30回、40回と観てドキドキ、キュンキュンしてください」と集まったファンに呼びかけた。

(c)2017「君と100回目の恋」製作委員会

映画ナタリーをフォロー