映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

崔洋一がワークショップ開催、俳優向け&監督向けの2種類

37

崔洋一

崔洋一

「血と骨」「カムイ外伝」の崔洋一が、「銀座九劇アカデミア」にてワークショップを行う。

「銀座九劇アカデミア」は、芸能プロダクション・レプロエンタテインメントが運営するワークショップスタジオ。その第1弾として崔を招き、役者向けと監督向け、2つのクラスを開講する。

役者向けの講義は、4月10日から5日間の集中的プログラム。キャリアの有無に関係なく、誰でも応募が可能だ。監督向けのものは、6月から12月まで毎週土曜日に開催される全24回のワークショップ。崔の演出講義をメインに、ゲスト講師を招聘した特別講義も行う。詳細や申し込み方法については、「銀座九劇アカデミア」のホームページを確認してほしい。

今後「銀座九劇アカデミア」では、「デスノート」の金子修介、「ツレがうつになりまして。」の佐々部清のほか、アル・パチーノやロバート・デ・ニーロを輩出した、スタニスラフスキー・システムをベースとするアメリカの演劇学校Stella Adler Academy of Actingからも講師を招く予定。

崔洋一 コメント

役者向けワークショプに関して

俳優のキャリアとはなんだろう。普遍的な演技論とは一体、どんな実装と実態を持つのだろうか。俳優として演ずることの想像力とそれを支える論理と技術が今ほど求められている時代はないと思います。そして、このワークショップが、みなさんが目指す高いレベルへの道程となり、志高き職業人へのステップとなることを望みます。

監督向けワークショップに関して

若者の特権とは、好きにやり(断固たる方法論を持つ)、勝手にやる(方法論を具現化する)に尽きる。映画監督もまた、その自由で闊達なイマジネーションを伸ばすことが、職業としての誇りに繋がり、具体的な創作行為へと昇華します。このワークショップが、みなさんの大いなる希望への道への根拠地になること願っています。

崔洋一ワークショップ

プロの役者を志す~アーティストのためのワークショップ~

2017年4月10日(月)~14日(金)東京都 銀座九劇アカデミア
Aクラス 13:00~16:00 / Bクラス 17:00~20:00 ※全5回
応募締め切り:3月17日(金)19:00
料金:5万4000円

映画監督を志す~クリエイターのためのワークショップ~

2017年6月3日(土)~12月23日(土・祝)東京都 銀座九劇アカデミア
毎週土曜 13:00~16:00(予定)※全24回。8月は休講
応募締め切り:5月12日(金)19:00
料金:21万6000円

映画ナタリーをフォロー