血と骨

血と骨

チトホネ

2004年11月6日(土)公開[R-15] / 上映時間:144分 / 製作:2004年(日本) / 配給:松竹=ザナドゥー=アーティストフィルム=東芝エンタテインメント=衛星劇場=ビーワイルド=朝日放送

解説 『クイール』の崔洋一監督が梁石日の同名小説を映画化した、渾身の大河ドラマ。大正末期に朝鮮から大阪に渡った男の暴力に彩られた破天荒な生き様を、俳優ビートたけしが体現する。一見、血も涙も無い冷血な男に見える主人公だが、時折見せる優しげな表情が観る者の心に不思議な余韻を運んでくる。

ストーリー 1923年。済州島から大阪に渡ってきた金俊平は、李英姫と強引に結婚。家族への愛情を一切見せず、愛人を囲う俊平だが…。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:崔洋一

キャスト

金俊平:ビートたけし
李英姫:鈴木京香
金正雄:新井浩文
金花子:田畑智子
朴武:オダギリジョー
高信義:松重豊
山梨清子:中村優子
金春美:唯野未歩子
鳥谷定子:濱田マリ
張賛明:柏原収史

大山(金成貴):塩見三省
元山吉男:北村一輝
趙永生:國村隼
龍一/俊平の少年時代:伊藤淳史

血と骨の画像