映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「PとJK」亀梨和也が「セクシーさ、出ちゃってた?」、土屋太鳳は言葉濁す

1445

左から高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ。

左から高杉真宙、土屋太鳳、玉城ティナ。

PとJK」完成披露舞台挨拶が本日2月7日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、亀梨和也土屋太鳳高杉真宙玉城ティナ西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、村上淳大政絢、監督の廣木隆一が登壇した。

本作は、三次マキの同名マンガを実写映画化したラブストーリー。亀梨演じるイケメン警察官・功太と、土屋演じるピュアな女子高生カコの秘密の結婚生活を描く。

亀梨は、役作りについて「極端にファンタジーとして作るわけではなく、警察官としてのリアルさも出したかった。セクシーさは常に出てしまうので、監督の指示を受けて『んー!』って抑えてました(笑)」と自信満々にコメント。そんな亀梨と共演した感想を、土屋は「大人の男の方ってすごいんだなって思いました。レディファーストっていうか、気付かない間に気を使ってくださったり。王子様に出会うってこんな感じなのかな、カコちゃんがうらやましいなと思って演じていました」と語る。亀梨はニヤリと笑って「セクシーさ、出ちゃってた?」と聞くが、「それは……わかんないですけど(笑)」とあっさり返されてしまう。

優しい心を持ちながら不良扱いされているカコの同級生・大神役を務めた高杉。「金髪の不良少年なので、みんな近付いてこないんですよ(笑)。寂しい学園生活を送っていたんですが、文化祭のシーン以降はワイワイとやらせていただきました」と、現場での自分と役がシンクロしていたことを明かす。亀梨は高杉について「普段はマンガやアニメが好きだったりして、インドア派なんだよね。最初の頃、現場にもコスプレして来てたので……」と言いかけるも、本人から「1回もしてないです!(笑)」と訂正された。

同級生役の高杉や玉城とは、徐々に打ち解けていったという西畑。「撮影入ってから2、3日は、控室で誰もしゃべってなくて。そこに“セクシーでスマートな”亀梨くんがやってきて、『駄目だよ、君はジャニーズでエンタテイナーなんだから、盛り上げないと!』って言ってくれたんです」と裏話を明かし、「3人でじゃんけんから始めて、しりとりとかもして……。そこから仲良くなれました」と話す。特に高杉とは撮影のない日に一緒に出かけるほどの仲になったそうで「(ロケ地の)函館での1カ月間で、真宙くんといろんなところでデートしました」と笑顔を見せる。司会から2人の服装が似ていることを触れられると「ほんまそうなんですよ、お笑いコンビみたいでしょ?」と言い、高杉と一緒に「どうもー」と芸人風に挨拶してみせた。

イベントの終盤に、土屋は「功太くんが(亀梨演じる)功太くんじゃなかったら、私はカコちゃんとして生きられなかったです」と亀梨に感謝を述べる。しかし「原作をリスペクトしたうえでそこに魂を入れて、毎日、よ……函館で過ごしていたので」と言い淀んでしまったことから、亀梨に「今、横浜って言いそうになった? 忙しすぎてわかんなくなっちゃったんじゃない? この作品のタイトル、言える?(笑)」といじられる。そして最後に亀梨が、観客に向けて「ハッピーで温かい気持ちになれる作品になっていると思います。楽しんでいただきたいです!」と挨拶した。

「PとJK」は3月25日より全国ロードショー。

※関連記事はこちらから
「PとJK」土屋太鳳がウエディングドレスで登場、亀梨和也と風船に“入刀”

(c)2017「PとJK」製作委員会

映画ナタリーをフォロー