映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「PとJK」土屋太鳳と玉城ティナが仲良しトーク、「女の子同士の友情にも注目して」

1027

「PとJK」トークショーの様子。左から土屋太鳳、玉城ティナ。

「PとJK」トークショーの様子。左から土屋太鳳、玉城ティナ。

本日3月22日、「PとJK」のトークショーが千葉・イオンモール幕張新都心にて行われ、キャストの土屋太鳳玉城ティナが登壇した。

「PとJK」は、三次マキの同名マンガを廣木隆一が実写映画化したラブストーリー。土屋がピュアな女子高生カコ、玉城がカコの親友・矢口三門を演じ、カコと秘密の結婚生活を送るイケメン警察官・佐賀野功太に亀梨和也が扮する。

赤い衣装を着た土屋と玉城が姿を現すと、会場には大きな歓声が巻き起こった。2人は集まったファンを見渡しながら、感謝の気持ちを伝える。カコの人柄を聞かれた土屋は「お花に水を与えるかのように愛情を注ぐ女の子です。なので、どうすれば自分の思いが周囲の人々に伝わるのかを考えながら撮影に臨みました」と述懐。また玉城は三門について「カコのことが大好きで、カコと功太が出会うきっかけを作る役どころです」と土屋に満面の笑みを向けながら説明し、2人が実生活でも仲良しであることを感じさせる。

土屋とカコの共通点に関して玉城は「まっすぐな部分が似てると思います。あとは友達を大切にするところ」とコメント。これを受け土屋は「そうかもしれません。友達は何があっても助けます」と自身の性格を明かす。MCから「繊細な乙女心を持っているところも近いですよね」と聞かれると、土屋は「映画でそれが発揮されていたらうれしいです」とはにかんだ。

印象に残っている場面を問われた土屋は「みんなで衣装を作るシーンがあるんです。私はダンス部に所属していたので、自分たちで服を作ることがあったんですけど、空気感がとても似ていました」と自らの学生時代を絡めて撮影を振り返る。そして玉城が「ラブストーリーなんですが、女の子同士の友情にも注目してほしいです。見どころだよね?」と振ると、土屋は「もちろん!」と力強く答えた。

なおイオンモール幕張新都心では、本日3月22日から4月9日にかけて「『PとJK』映画化記念 最高にハッピーなラブストーリー展」と題した展示会を開催。トークショーにて土屋と玉城がサインをした複製原画などが飾られる。

「PとJK」は3月25日より全国ロードショー。

(c)2017「PとJK」製作委員会

映画ナタリーをフォロー