山崎賢人が妖怪になったら“壁ドンニャン”?斎藤工が舞台挨拶で提案

536

本日12月17日、「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの南出凌嘉浜辺美波山崎賢人斎藤工武井咲遠藤憲一、ジバニャン役の声優・小桜エツコ、製作総指揮・原案・脚本を担当した日野晃博が登壇した。

上段左から日野晃博、遠藤憲一、小桜エツコ。下段左から斎藤工、山崎賢人、南出凌嘉、浜辺美波、武井咲。

上段左から日野晃博、遠藤憲一、小桜エツコ。下段左から斎藤工、山崎賢人、南出凌嘉、浜辺美波、武井咲。

大きなサイズで見る(全37件)

左から山崎賢人、南出凌嘉、浜辺美波。

左から山崎賢人、南出凌嘉、浜辺美波。[拡大]

本作は「妖怪ウォッチ」のキャラクターたちがアニメと実写の“ダブル世界”を行き来するハイブリッド作品。実写パートの出演者には南出、浜辺、山崎、斎藤、武井、遠藤のほか、黒島結菜、澤部佑(ハライチ)が並ぶ。

左から斎藤工、山崎賢人。

左から斎藤工、山崎賢人。[拡大]

斎藤との初共演について山崎は「すごくいい声で、そばで渋くいてくれる感じが落ち着きましたね」と述懐。斎藤と踊る劇中のダンスシーンについては「友達の前で踊ると『妖怪みたいだな』と言われるくらい下手なんで。ワンエンツーエンみたいなのがよくわかんなくて、いちにのさーんみたいな感じで教えてもらいましたね」と明かす。

左から武井咲、遠藤憲一。

左から武井咲、遠藤憲一。[拡大]

印象に残っているシーンを尋ねられた出演者たち。浜辺は「コアラニャンがとにかくかわいくて!」と目を輝かせる。武井は「(遠藤が演じた)じんめん犬が衝撃でしたね」と話し、斎藤も「じんめん犬は、鼻から春雨が出るくらい衝撃で遠藤さんのエネルギーに憧れました」と同意した。対して遠藤が「ツボったのは2人(山崎と斎藤)のダンスシーン! 真顔で踊ってんだよね。どういう気持ちで踊ってたの?」と笑うと、山崎と斎藤は「必死でしたね」と真顔で返答する。日野は「南出くんの演技がアニメのケータくんに似ていて、声もアニメのケータくんに聞こえてくる。研究してやってくれたんだなとわかって、うれしかったですね」と南出を称賛。南出は「最初の方は意識してたんですけど、だんだん自然にケータくんになってきた」と振り返る。

左から小桜エツコ、ジバニャン。

左から小桜エツコ、ジバニャン。[拡大]

「自分が妖怪になったらどんな妖怪だと思いますか?」という質問に対し、斎藤が「人見知りがとんでもなくて、コンビニの店員さんに『温めてください』と言うのがその日初めて発する言葉だったりするんですよ」と吐露すると、小桜は「ヒキコウモリがぴったり!」と妖怪ウォッチの妖怪を挙げる。答えに悩む山崎に対し、斎藤は「“壁ドンニャン”とかいいんじゃない?」と提案。すると山崎は「猫だから肉球でバーン!とか? じゃあ“肉球マン”ですね」と笑顔を見せた。

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は、全国で公開中。同時上映作品は、短編アニメーション「スナックワールド 人嫌いのレニー」。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事の画像・動画(全37件)

関連記事

山崎賢人のほかの記事

リンク

関連商品

(c)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016 (c)LEVEL-5/スナックワールドプロジェクト・テレビ東京

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン! / 山崎賢人 / 斎藤工 / 南出凌嘉 / 浜辺美波 / 武井咲 / 遠藤憲一 / 小桜エツコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。