映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「デスノートLNW」ファン感謝祭、東出昌大が観客の耳元でささやく

73

「デスノート Light up the NEW world」大ヒットファン感謝祭の様子。

「デスノート Light up the NEW world」大ヒットファン感謝祭の様子。

デスノート Light up the NEW world」の大ヒットファン感謝祭が11月9日に栃木・109シネマズ佐野で開催され、主演の東出昌大が登壇した。

本作は、藤原竜也と松山ケンイチが出演したシリーズの続編。キラこと夜神月と世界的探偵Lの死から10年後の世界を舞台に、6冊のデスノートを巡る争奪戦の模様が描かれる。東出がデスノート対策本部の捜査官・三島創を演じ、その脇を池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香らが固めた。

約400人の観客に迎えられた東出は「公開前の舞台挨拶はプレッシャーがあり、いろいろ考えてしまっていたんです。でも、こうやって好調なスタートを切れてうれしく、今日はお祭り気分で楽しくできたらと思っています」と挨拶する。

イベントでは来場者からの質問コーナーを実施。「なんでも答えます!」と意気込む東出は、結婚生活について話したほか、好きなお笑い芸人のモノマネを披露した。また子育てについて質問が上がると、舞台から降り質問者の耳元で答えるサービスも。場内に黄色い歓声が響いた。

最後の挨拶を振られた東出は「安室(奈美恵)さんの主題歌『Dear Diary』が素敵に包み込むエンドロールの最後まで観ていただけたら幸いです。観終わったあとも、周りの方々と『あれなんだっけ』『どういうことだっけ』と会話を楽しんでいただけたらと思います」と語った。

「デスノート Light up the NEW world」は現在全国で上映中。加えて、すでに封切られたタイをはじめ70の国と地域での公開が決定している。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画ナタリーをフォロー